作品 映画館 ニュース

煙の王様

ここは煙突の林立する工場街、この街の住人達はたくましく生活していた。鉄工所で働く一彦もそんな一人だった。一彦の一家は廃棄処分になった三等列車を改造して住んでいた。貧しさに暗くなりがちな家庭を明るくしているのが一彦の弟で、ポパイと渾名のある三明だ。そんなある日、一彦が仕事中大ケガをした。一家の働き手を失い母親は困ったが、ポパイはなにかとアルバイトをして一家を助けた。一彦は快方に向い退院した。しかし彼は工場をやめさせられ、足も完治するまで大分かかると聞いてヤケになった。一彦は家を出てしまい、歌手河田の家で働く恋人郁子の紹介で、河田のバンドボーイになった。ところが一彦の家は引込線拡張のため立退きを迫られていた。母が是非一彦に戻って貰いたいと考えていると察して、ポパイは兄を捜しはじめた。やっと郁子を見つけ兄のことを頼んだ。いよいよ明日は一家が強制執行されるという日、ポパイだけが一彦はかえってくると言い張っていた。その頃、河田の家では河田が郁子に挑みかかっていた。ちょうど戻った一彦が彼女を助け、二人は河田の家を飛び出した。まだ家へ帰る決心のつかなかった一彦は心からの郁子の説得で、自分の行動の誤りを悟った。郁子も一緒に住むことになり、希望に燃える一彦の一家は、新しい家へと移って新生活へのスタートをきった。

解説

三十七年度芸術祭受賞テレビドラマ、生田直親原作を根岸正と「俺は死なないぜ」の原源一が共同で脚色、樋口弘美が第一回監督した社会ドラマ。撮影は「何か面白いことないか」の間宮義雄。

1963年6月23日より

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • 日本(1963)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト