作品 映画館 ニュース

わたしを深く埋めて

弁護士の中部京介は、二週間の九州旅行の予定を一週間でくりあげ、東京へかえって来た。都会の喧噪が恋しくなったのだが、株の暴落で自殺者が出るなど、相変らず東京は騒々しかった。その中部が、アパートの自分の部屋に入ると、ミッチイ丘と名乗る下着姿の女が彼を待っていた。そしてあやし気なカメラマンが情事の写真をとりにやって来た。これをてっきりアパートの鍵を貸している妻千津と別居中の幼なじみの芥川一郎のいたずらだと思い込んだ京介は、持参のブランデーに酔った女を車に乗せて追っぱらった。そのあとへ吉川というチンピラが女をかえせと飛び込んで来た。吉川もかえり、睡眠薬を飲んで寝た京介は、刑事にたたきおこされた。ミッチイが死んだというのである。ブランデーに毒が入っていたのだ。芥川をさがした京介は、これが千津にキズをつけないための狂言だということを知った。ではだれがミッチイを殺したのか。芥川からの依頼でこの狂言を仕組んだ玉井弁護士の言葉から、ミッチイが自動車事故で急死した百万長者徳丸氏の遺産相続の重大な証人であることがわかった。真犯人を追求する京介のもとに脅迫状がとどき、そのアパートで芥川が何者かに射殺された。そしてその犯人として、暗黒街のボス郷田があげられた。彼は徳丸夫人のもとの夫で、保釈中の身にもかかわらず旅行をしたのをミッチイに知られ金をユスラれたためこれを殺し、それを聞いたと思った京介を狙い、誤って芥川を殺したというのである。ところが、事件が解決、乾杯した京介の部屋からもってきたウィスキーに毒が入っていた。故意に殺されたと思われていたミッチイは実は誤って殺され、芥川こそほんとうに殺されたのだ。そして殺したのは千津だった。千津は離婚の慰謝料としてもらうはずだった株が暴落したので、夫を殺してすべてを手に入れるつもりだった。そしてあくまでも真相を追求するという京介まで殺そうとしたのだ。毒をあおった千津は、京介に、罪ぶかいわたしを深くうずめて−−といい息たえたのだった。

解説

ハロルド・Q・マスル原作を「第三の影武者」の井上梅次が脚色・監督したスリラーもの。撮影は「やくざの勲章」の渡辺徹。

1963年6月8日より

  • 配給
  • 大映
  • 製作国
  • 日本(1963)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト