伝七捕物帖 女狐小判

名物山王祭をひかえた江戸の街に贋小判事件が発生、相模屋が犯人の刃を浴び最後をとげた。名人伝七親分も百姓の後家お直に依頼された尋ね人を探すうちこの事件の渦中に捲きこまれた。尋ね人はお直の娘おみよで、奉公先の札差備前屋から消息を絶ったもの。伝七がおみよの恋人魚屋の伊之吉を訪ねた帰途、覆面の浪人組が事件から手を引けと襲い、その時伝七の子分獅子鼻の竹が浪人者の片袖から贋小判を見つけた。山王祭の当日、群衆の中で伊之吉の姉勝丸が何者かに殺された。事件を目撃していた伝七は、勝丸はおみよと間違われて殺されたと推理し、現場から立ち去ったあやしい浪人者の一団を追って贋小判事件とのつながりを認めた。祭の終ったある日、備前屋才兵衛が番町の直参旗本郷原伊織を訪ねた帰り襲われ、通り合せた目明し早縄の五兵衛によって伊之吉が犯人だと報告された。この事件は、備前屋の金蔵からおびただしい額の贋小判が発見されたことによって、贋小判の首謀者は才兵衛で、その死は一味の仲間割れによるものだと推定された。しかし伝七の推理は、才兵衛以上の大物の黒幕がいることを察知し、郷原と才兵衛の関係から行方不明のおみよがその秘密を握るものとした。ある夜ふけ、郷原の屋敷に捕方群が押しかけ鼠小僧と覚しき黒い影を追って探索がくり展げられた。これは町方では手の届かない旗本屋敷のうちをしらべるために伝七が策した狂言捕物だった。連続殺人事件がからんだ贋小判事件への伝七の挑戦は、権力をほしいままにする悪徳旗本郷原の出現によって大きな壁にブチ当たるのだが、伝七は恋女房のお俊を密偵として郷原邸に送り込むなど、事件究明に不屈の闘魂を燃やし続けるのだった。江戸の街に平和がよみがえる日も近い。

解説

別冊読物傑作集所載陣出達朗原作を「怪談三味線堀」の柳川真一が脚色、「江戸っ子長屋」の大西秀明が監督。撮影は「江戸っ子長屋」の鈴木重平。

1963年3月24日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1963)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト