素っ飛び二人三脚

浪費家で大酒呑みの旗本次男坊葛城瓢介と、しまりやで甘いもの好きの大名次男坊松平千四郎が東海道でバッタリ出会い、些細なことから「酔っぱらい」「ケチン坊」と大喧嘩を始めた。その時お犬様行列がさしかかり、先頭の犬奉行伊庭慶太郎と御用聞き丹波屋重兵衛は、浪籍者とばかり二人に斬りかかって逆に散々やられてしまった。この様子を見守っていた藩主美濃守と日本橋の造酒屋の番頭久助は膝をのり出した。金森藩江戸屋敷、勘之丞の娘で浪費癖に手をやいている奈奈姫の婿にしまり屋の千四郎が、酒屋のしみったれの娘お玉に瓢介を添わせようというのだ。瓢介が江戸の屋敷に戻ると将軍家の愛犬を傷つけたかどで、兄礼一郎は、壊れた屋敷跡で犬の飼育係をやらされており、金は幾らでも出すという酒屋からの瓢介との縁組に大乗気、こんな兄に愛想をつかした瓢介は家を飛び出した。同じ頃千四郎も行列を汚したことを柳沢出羽守に詑びに行けという、父伊予守の命を蹴って屋敷を出ていた。出羽守は伊庭と丹波屋と組み、犬を利用して数々の賄賂をとり上げていた。伊庭は奈奈姫に、丹波屋はお玉に熱を上げていた。瓢介達が姿をくらましたので奈奈姫とお玉は父の命令で柳沢家へ詫びに行ったが、こんないやな役をさせる婿なんて嫌だと二人は矢場へ行った。勝手な見合をきめられてウサ晴しに丁度きていた瓢介と千四郎は、折から起った騒ぎでそれぞれの相手と知らず、お玉と奈奈姫をかばう立場になり、お互にすっかりイカれてしまった。お見合の日、イヤな縁組をブチ壊して矢場で知り合った娘達と一緒になろうと決心した二人は、互に入れ替ってその場所に赴いた。だが女たちもちゃんと替っていたのだ。千四郎は酒問屋美濃屋乗取りの渦中にまきこまれたが、瓢介の大活躍で全てが円く収まった。互に連れ立って弓を射る瓢介と千四郎、「大当り−−」賑かに矢場太鼓が響き渡る。

解説

脚本・監督・撮影ともに「忍術使いと三人娘/女狐変化」のスタッフと同じ。前作についでの時代劇コメディ。

1961年10月22日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト