鏡山競艶録

母の死によって天涯孤独の身となったお初は、旧知の中臈尾上に引き取られ石州鏡山藩の上屋敷に奉公することとなった。ここには若君鶴千代が、お守り役尾上の手によって訓育されていた。同じ屋敷内に住む鏡山藩主の一門に連なる若君後見役榊原弾正は、鶴千代を亡きものにして藩主の座に直らんとしきりに画策、御典医玄斎に毒薬を用意させ、陰謀成功の暁には、奥方にと約束したお局岩藤と淫らな関係にあった。奥御殿に勢力をもつ岩藤は何かにつけて尾上をいじめるが忠義一心の尾上はじっと耐え、ただ若君大事と心を配っていた。上屋敷内の大半の家臣を味方につけた弾正は、時機到来と、若君のおやつに毒薬を仕込んだ。頭が少したりない岩藤の甥主税はそのおやつを運ぶ途中、一つを喰べたため発作を起してしまった。このことに不審を抱いた近習役庵崎求女は、主税を取り調べその原因がおやつにあることを知った。求女は御本家の瀬木蔵人と心を合し弾正一味の陰謀を探ることになり、お初の協力を求めた。失敗に業をにやした弾正と岩藤は、尾上の親元から献上された人形をこわし若君を呪う仕業と詰問した。動てんした尾上は岩藤の草履をはき間違えてしまった。岩藤は行儀作法を教えてやるとばかり草履で尾上の顔をめった打ちにした。余りの恥辱に尾上は自害した。尾上の死にお初は復讐を誓った。嵐の一夜岩藤の部屋に忍びこんだお初は、主人恨みの草履で岩藤の顔を叩き割った。その騒ぎに集った弾正一味のためお初は危機に立たされたが、ようやく御典医玄斎に泥を吐かせた求女、蔵人等が駈けつけ弾正、岩藤始め群がる一味を斬り倒した。今は、晴れて鏡山藩の当主となった鶴千代は、お初と求女を従え尾上の墓に、鏡山藩跡目相続のため将軍家と対面する登城を知らせるのだった。

解説

歌舞伎の「鏡山旧錦絵」を映画化したもの。「海蛇大名」の柳川真一の脚本を、「競艶八剣伝」の西山正輝が監督した。撮影は「元禄女大名」の牧田行正。

1960年12月21日より

  • 配給
  • 大映
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト