作品 映画館 ニュース

戦後秘話 宝石略奪

戦後まもなく復員して来た山田慎一はやっと探しあてた妹絹子が、売春婦になりさがり、梅毒で瀕死の状態となっているのをみて、売春婦という職を憎み、彼女らを救うには大金を得ることだと決意した。ある日、外国人と争う闇屋の大原を助けたことが縁で、大原の相棒となった山田は、しばらくの間大原の二号の松子の所に厄介になった。松子の娘、静子は山田に次第に心を魅かれていった。やがて、大原は政界の黒幕岡村に政治献金を流して、製鋼会社の社長におさまった。岡村はひょんなことから、時価五〇億のダイヤ「大蒙古」を手に入れ、これを彼の理想とする大アジア主義のために使おうと、山田に「大蒙古」を託し、シンガポールの宗に届けることを頼んだ。もちろん、山田は「大蒙古」がダイヤであることなどは知らず飛び立った。しかし、このことがCIDに察知され、岡村は逮捕された。そして山田が日本にもどったとき、岡村は重傷の身であり、間もなく息をひきとった。岡村のなきあと「大蒙古」の存在を知った大原や岡村の秘書中村保守党代議士の関、元海軍特務機関員の黒木等はただちに、宗の手から「大蒙古」をとり戻すため、再び山田をシンガポールに送った。「大蒙古」のすべてを知った山田は、宗からそれを受けとったものの、黒木一味に追われる破目となった。一方日本では、山田のもち帰る「大蒙古」をめぐって、関、森、黒木らのみにくい争いが起っており、大原は彼らの陰謀にかかり、逮捕されてしまった。黒木からこのいきさつを聞いた山田は、黒木と手を握ると約束しながら、「大蒙古」の一人じめを図っていた。裏切りが発覚し、黒木の配下に襲われた山田は運転をあやまり死をとげた。この瞬間から「大蒙古」の行方は消えてしまった。

解説

日本−−シンガポールを舞台に、五〇億のダイヤをめぐるアクション。菅原通済の『昭和秘録・ダイヤモンド大蒙古の行方』から、「日本暗殺秘録」の中島貞夫と金子武郎が脚本を共同執筆。監督は中島貞夫。撮影は「妖艶毒婦伝 お勝兇状旅」の山沢義一が担当。

1970年6月4日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1970)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト