作品 映画館 ニュース

夜霧の訪問者

華やかなライトを浴びて、美しく着飾った市木江津子がポーズをとっている。奈良川信二をリーダーとする若い写真家グループ「フォート・L」の共同作業中である。江津子もメンバーの一人であるが、モデルも兼ねている。そして彼女と信二はゆくゆくは結婚しようと思っていた。ある霧の深い夜、信二が江津子のマンションの暗室を借りて仕事をしている時、一人の訪問者がやって来た。その男、山野雅夫は、フォート・Lの作品展を見てその斬新な美しさに惚れ、会社で使用する来年のカレンダーを製作してほしい、という依頼だった。喜んだ信二と江津子は早速、準備にとりかかった。山野は九州から上京するたびに江津子を食事へ誘い、プレゼントを贈った。山野には昔、田沢のり子という江津子に瓜二つの恋人がいたが、過失で死なせてしまった。そして、のり子の幻を求めて江津子に会い、やっと幻から開放された、と言うのだ。信二の心配をよそに、そんな山野に心を奪われていく江津子だった。ある日、山野は会社の都合でアメリカに行くことになり、結婚して一緒に行ってほしいと江津子に言った。それが駄目なら最後の思い出として箱根に一緒に行ってほしいと頼んだ。江津子は信二に内緒で山野と箱根へ旅行した。結婚を決めかねている江津子に、山野は「アメリカに連れて行けない」とあっさり言った。山野は何か重大な電話を待っているようすだった。そんな二人を鉄の爪の黒部と義足の染谷がつけ狙っていた。翌日、油壷の別荘で殺人事件が発覚した。殺されたのは加奈という女で、数年前、銀行強盗で捕まり今は服役中の荒尾の情婦だった。一カ月後、競輪場で写真を撮っていた江津子と信二は、アメリカに行ったはずの山野を見つけて驚いた。しかも、黒部と染谷もいたのである。フォート・Lの作品展が開幕したが、その会場から、競輪場での写真が盗まれた。不審に思った信二と江津子は同じ写真を焼き直し展示して張り込んだ。すると、サングラスをかけた女が再びそれを持ち出した。二人は後を追い、アパートをつきとめた。そして必死の聞き込みで、その女が江津子そっくりであること、山野が一緒にいることをつきとめた。やがて、江津子が染谷と黒部に拉致され刑務所を脱走した荒尾の元に連れ去られた事から、全てが明らかになった。山野は、かつて荒尾らと銀行から奪った金を一人じめにするために、情婦ののり子と瓜二つの江津子を利用して、染谷たちの監視の目をくらまし、その間に、のり子が金を預っている加奈を殺し、金を奪ったのだった。だが、駈けつけた信二と、この事件を追っていた秋元刑事の活躍で、荒尾達は仲間割れし、山野は死に、江津子は無事に救出された。

解説

殺人事件に捲き込まれた美貌のカメラマンを描いたサスペンス映画。原作は緒城昌治の「描かれた女」。脚本・監督は「怒れ毒蛇 目撃者を消せ」の井上梅次、撮影は「にっぽん美女物語 女の中の女」の小杉正雄がそれぞれ担当。

1975年10月10日より

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • 日本(1975)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら