作品 映画館 ニュース

アンデルセン童話 にんぎょ姫

マリーナは人魚の城の末の姫君。人魚の娘は15歳になり、真珠の髪飾りを貰わないと海の上の人間の世界を見ることが許されない。しかし、マリーナは、イルカのフリッツやクジラのデュークに人間の世界の話をせがんでは、あこがれている。ある日、マリーナはデュークの口の中に隠れて、こっそりと城をぬけ出した。そして、マリーナが胸をときめかして初めて見た人間は、美しい王子だった。王子は海に浮かんだ船の上で、誕生パーティを開いていた。突然、嵐が吹き荒れ、王子は海に投げだされた。マリーナは気を失った王子を助けて、浜辺に泳ぎついた。浜辺の修道院から若い娘が出てきて、王子に微笑みかけた。気がついた王子は、その娘に助けられたと思った。城に戻ったマリーナは王子のことが忘れられなくなった。人魚の王は、マリーナが一人前の人魚になった、と考えて華やかな成人式を催した。フリッツがマリーナのために、王子がどこの国の人か調べて来た。「あの方の手に、私の一生の幸せをお任せしよう」とそう決心したマリーナは、人間になる薬を貰いに、海の魔女のところへ行った。魔女は、マリーナの美しい声をくれるなら願いをかなえてやる、と言い、さらに人間になれば二度と人魚には戻れないし、王子が他の娘と結婚すればマリーナは海の泡になってしまう、とも言った。やがて、王子の城に着いたマリーナは薬を飲み、燃えるような痛みに気を失った。ふと気がつくと、目の前に王子が立っていて、マリーナの尾は二本の足に変っていた。王子はマリーナを城へ連れて行き、絹の服を着せた。それからというもの、王子はすっかりマリーナを気に入り、どこへ行くのも一緒だった。やがて、王子に隣国の王女との縁談がもちあがった。その王女とは、あの浜辺の娘だったのだ。そして王子と王女は盛大な結婚式を挙げた。その知らせはフリッツによって人魚の城に伝えられた。マリーナの姉たちは、自分の髪の毛とひきかえに魔女から短剣を貰った。その短剣で王子を刺し、その血が足にかかれば、マリーナは人魚にもどれるのだ。長女と王子を乗せた船が海をすべっている。マリーナは船べりに立っていた。姉たちは短剣を船に投げ入れたが、マリーナには、とても王子を刺すことができない。マリーナは短剣を海に捨てると、自分も昇る朝日に向って身を投げた。マリーナは自分の体がとけて海の泡になるのを感じた。朝の光が、その泡をあたたかく包んでいた。王子とフリッツは、マリーナがすき透った美しい姿で、空高く昇って行くのを見た……。

解説

東映動画第二十七本目の作品。人間の王子を愛してしまった人魚姫の悲しい恋を描いた、アンデルセンの童話のアニメ化。

1975年03月21日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1975)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら