旅がらす花嫁勝負

大喧嘩の最中、再会を喜び合ったのは二人のやくざ、侍あがりの秀と旅鴉の新太郎で、助ッ人稼業の先輩と後輩だ。暴力酒場でスッテンテンにされた二人は、美しい娘のいる貸元の家にもぐり込み、やがては二代目襲名などとガメツイ考えを起すが、行けども行けども御難つづき。やっとたどり着いた片倉一家に、お由美、お加代という美しい姉妹がいたので、途端に二人はハリきる。姉妹の方もまんざらでない様子だが、とんだ邪魔者が現れた。代貸の芳造が旅から帰って来たのだ。芳造は不動の錠太郎と計って、親分庄次郎に女郎屋開業を勧めるが、堅い庄次郎は受けつけない。お由美と夫婦になって縄張りを狙う芳造は、なにかにつけて秀と千太郎に妨害されるので面白くない。ついに、錠太郎は祭礼の夜、庄次郎を手にかけた。いきり立つ秀たちを押しとめた庄次郎の女房お勝も、喧嘩状をつきつけられるや長脇差を握った。秀たちの獅子奮迅の働きで錠太郎は討たれ、留守居の姉妹を襲った芳造も新太郎に斬り倒された。江戸へ帰って侍に戻るという秀に、お由美がついて行く。見送るのは新太郎とお加代だった。

解説

「気まぐれ鴉(1961)」につづく“旅鴉シリーズ”の一編。スタッフも前作と同じ。

1961年10月7日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト