星空のむこうの国

シリウス流星群がもうじきやって来るというとき。星を見るのが好きな平凡な高校生、森昭雄は一週間前に交通事故で頭を打った。それから会ったこともない同じ女の子の夢を毎日見るようになる。ある日、昭雄は並走する電車の窓に夢の少女の姿を見つける。その日、帰宅してみると、彼は死んだ人間になっていた。パラレル・ワールドに迷い込んだのだ。少女の名前は理沙、その世界では昭雄のガールフレンドだった彼女は、交通事故で死んだ昭雄を想いながら重い病気で入院していた。昭雄は出会ったSFマニアの親友尾崎の力を借りて理沙と面会した。シリウス流星群をふたりで見よう、昭雄と理沙が交わした約束のため、理沙の想いが昭雄をこの世界に呼びよせたのだ。昭雄は理沙を病院から連れ出して約束を果たした。その夜ふたりは学校の教室で一晩を明かした。翌朝、理沙はやって来た尾崎と昭雄の会話を耳にし、昭雄が自分と交際していた彼とは別の人間だと知る。そして、彼女の容態が悪化した。尾崎を追いかけてきた主治医の上田、集まってきた昭雄のクラスメイトたちの見守るなか、理沙は息をひきとった。それと同時に昭雄の姿も消えた。彼は交通事故を起こした日に戻っていた。治療にいった病院で、昭雄は理沙と出会うのだった。

解説

パラレル・ワールドに迷い込んだ少年の恋を描く。脚本は小林弘利、監督はこれが第一回作品となる小中和哉、撮影は「ドレミファ娘の血は騒ぐ」の瓜生敏彦がそれぞれ担当。(16ミリ)

1986年1月2日より

  • 配給
  • 松竹
  • 製作国
  • 日本(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト