国士無双(1986)

武士道華やか過ぎし頃−−。尾羽うち枯らした腹ペコ浪人二人、瀬高と小鹿は、将軍家御指南番、伊勢伊勢守のにせモノをデッチ上げることを思いついた。二人は早速、人選にとりかかり、やっと町人風だが品のある顔をしたどこかとぼけた感じの若者を見つけ、にせモノを仕立て上げた。にせ伊勢守を従えた瀬高と小鹿は飲めや歌えの豪遊をするが、一夜あければまた元のオケラ。そんな時、にせモノが拾った財布のことで喧嘩別れ。腹のおさまらぬ二人の浪人は、伊勢守を訪ねにせの存在を教える。一方、にせは居合抜きの名人、羽黒月仙と知り合い、道場破りに誘われるのだが、にせが伊勢守の名を名乗ると羽黒は逃げ出し、道場の男も金子を差し出す。にせは解せぬまま生活手段を教わったかのように道場破りをくり返し、江戸へ向かう。途中、暴漢に襲われている娘を助けて、家まで送り届ける。ところが、その娘は伊勢守の娘、八重。にせモノが現れ怒った伊勢守は決闘を申し込む。だが、にせが勝ってしまった。「本モノがにせモノに負けたためしは古今東西歴史にない」と涙を流した伊勢守は、修業の旅に出た。一方、にせは橋のたもとで身投げをしようとしている娘、お初を助けた。お初は五十両のために死ぬのだという。にせは八重に五十両を借りお初に与えた。お初の存在を知った八重は嫉妬に身を焦がす。にせはやくざ同士の果たし合いに偶然、居合わせ、形勢不利な女親分・お六の組に加勢、単身で相手をやっつけてしまった。二人の娘に想いを寄せられるにせモノが、お初に別れを告げた頃、本モノが修業から戻り、改めて決闘を申し込んだ。にせは勝ったら自分の希望するものを欲しいと申し入れ、受けて立つ。そして、にせが勝った。彼は約束通り八重を手に入れたのだった。

解説

本モノよりも強いにせモノが捲き起こす騒動を描いた昭和7年製作の伊丹万作監督、伊勢野重任脚本のナンセンス時代劇の再映画化。脚本は「愛しき日々よ」の菊島隆三、監督も同作の保坂延彦、撮影は「ダイナマイトどんどん」の村井博がそれぞれ担当。

1986年10月25日より

  • 配給
  • 製作国
  • 日本(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト