キャプテン翼 世界大決戦!! Jrワールドカップ

日本とヨーロッパに加えて、アメリカ、南米が参加し、四カ国対抗ジュニア・ワールドカップが実現することになった。岬太郎が戻り、若林源三の正式参加も決まった日本チームはアメリカへ向かった。最初の対戦相手はアメリカ。翼のドライブ・シュート、日向のタイガー・ショットが火を吹き、松山のシュートで3対0。アメリカを見事に破った。ヨーロッパ対南米の試合は、ロベルト本郷が監督として率いる南米の勝利。南米チームには、ロベルトが育てたカルロス・サンターナというストライカーがいた。ついに南米チームとの決勝戦。まずカルロスがドライブ・シュートで先取点をあげた。後半、翼がオーバーヘッド・キックを決め、同点に追いついた。残り時間もあとわずか、激しく攻める南米チーム。と、パスを受けた日向小次郎は、くるりとゴールに背を向けるとタイガー・ショットをはなった。ボールはまっすぐ翼へ。これを受けた翼がドライブ・シュートを。タイガー・ドライブ・シュートだ。逆転勝利。ついに日本チームが、ジュニア・ワールドカップの優勝を達成したのだ。

解説

ジュニア・ワールドカップに挑む日本サッカーチームの活躍を描いた劇場版第四作目。原作は高橋陽一の同名漫画。脚本は菅良幸、監督は岡本達也がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。

1986年7月12日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト