作品 映画館 ニュース

アモン・サーガ

草原海に移動都市ヴァルヒスの地響きが鳴り渡った。略奪と破壊と殺戮の限りを尽くす悪の皇帝ヴァルヒスの要塞だ。ある日、ヴァルヒスの欠員戦士募集が酒場で行なわれ、アモンや、ガイウス、アルカン、ホーなど九名が採用され、要塞に移る。実は、アモンは、ヴァルヒスに母を殺され、吟遊詩人エナクに剣を学び、父の形見の大剣を背に復讐の時を狙っていたのだ。要塞には、交易商人ダライ・セムの娘リチアが捕われている。ビンドラーナ山脈にある黄金の谷のありかを知るダライ・セムは、地図とひきかえにリチアを帰してもらおうとするが、その使者はヴァルヒスに殺されてしまう。いよいよ、要塞はビンドラーナへ向かった。一方、実はダライ・セムの密使であったアルカンは、リチア救出を決行。二人の危機を救ったアモンやガイウス共々、彼らは要塞都市を脱出する。が、森の中で、樹狼の群れに襲われ、リチアは黄金騎士に連れ去られてしまった。アモンたちは、その後を追って、廃墟と化したビンドラーナの街に辿り着く。ヴァルヒス軍の攻撃をうけるが、黄金騎士に救われるアモンたち。黄金騎士は、三人の老人の幻力に操られていた。リチアは地下神殿に無事にい、老人から黄金の谷に秘められた話が語られる。この黄金こそ、昔、王位を継ぐ二人の男女が旅立った時に船に乗せたもので、王位につくためヴァルヒスが執拗に求めているのだった。谷に着いたヴァルヒスらとアモンたちの戦いが始まった。そして、死闘の末、黄金を目前に、ついにアモンはヴァルヒスを倒す。そして、淡い恋心をアモンにいだくリチア。今草原に新しい風が吹こうとしていた−−。

解説

異世界を舞台に、母の仇を倒す若者を描くヒロイック・フアンタジー。オリジナル・ビデオ・アニメ劇場公開版。原作は夢枕獏(作)と天野喜孝(画)による同名劇画、脚本は「プロゴルファー猿 スーパーGOLFワールドへの挑戦!!」の城山昇、監督は大賀俊二がそれぞれ担当。主題歌は、杉本誘里(「風のTAKE A CHANCE」)。

1986年7月19日より

  • 配給
  • 東映セントラルフィルム
  • 製作国
  • 日本(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト