作品 映画館 ニュース

女医肉奴隷

女医の浅井久美は、恋人で同僚の医師、北見に結婚を迫られているが、一人前の医者になるまで待ってほしいと答えていた。そんな北見に思いを寄せている看護婦のりえが彼にビデオを渡した。夜、ビデオを見た北見は、男と女が激しく絡み合うシーンに見入るが、女が久美であることに愕然とする。翌日、北見は久美を呼びつけて問い正すが、彼女は覚えがないと言う。久美はりえからテープの入手先を訊き、スナックのマスター石岡を訪ねた。石岡は久美の出現に驚き、ビデオを撮った男に会わすとラブホテルのオーナー、鳴海のところに連れていく。しかし、二人の男は裏ビデオのスターとセックスがしたかっただけで、久美を犯すだけで帰っていった。数日後、久美は、ビデオの相手役をやっていた徹と出会い、彼女は彼を北見に会わせ、潔白を証明しようとした。しかし、徹は、ビデオの女は久美に違いないと断言する。北見は酔った勢いでりえを犯した。一方、徹は、ビデオの女は中卒で耳の後にホクロがあることに気付き、女医の久美でないことを確信した。しかし、久美はビデオの女が自分ではないかという思いにとらわれていた。徹にそのことを告げられた北見は彼女を責めたことを後悔していた。その頃、久美は徹を部屋に呼ぶと、ビデオの女のように激しく体を求めた。久美に謝りに来た北見は、その光景に驚くが、久美にはどうでもよかった。

解説

自分とソックリな女が裏ビデオに出ていたことから、恋人に捨てられる女医の姿を描く。脚本は「美姉妹肉奴隷」の大工原正泰と山下久仁明の共同、監督も同作の藤井克彦、撮影は「(金)(ビ)の金魂巻」の森勝がそれぞれ担当。

1986年3月8日より

  • 配給
  • にっかつ
  • 製作国
  • 日本(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト