作品 映画館 ニュース

うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー

ある夜、友引町が大停電になった。あたる達は面堂家に伝わる鬼姫伝説をモチーフにした自主製作映画に取り組んでいた。主役はラムである。撮影のため面堂家の守り神とも言われる名木・太郎桜が切り倒された。ラムはあたるに電撃を発射するが、はね返されてしまう。電流が弱まったらしい。また4月というのに、大群の蝉ととんぼが友引高校に現われるという異変が起きた。ラムは空を飛ぶ能力も失い、角も消えてしまう。更に、面堂やメガネたちの心から、ラムへの想いが消えていく。また異変が勃発した。大地震と共に面堂家の丘が隆起し、山となってそそりたったのだ。友引町は冬の気配を漂わせた。面堂は修学旅行の写真からラムの姿が消えているのを見つけ、鬼姫伝説を調べはじめた。あたる達は面堂の祖父の話から、太郎桜を調査、桜の巨根には骸骨と化した鬼姫がからみついていた。鬼姫は力を太郎桜に封印していたのだ。一方、ラムはサーカスの一座や子供のあたる達に誘われ街へと消える。彼女は酸素ドロップらしきものを口に含むと、湖の中に入って行った。ある朝、面堂が夢を見て眼を覚ますと、未来の都市が凍りついて出現していた。彼は全校生徒を集め説明する。今までの異変は友引町が意識を持ち始めた為で、ラムの超能力が消えたのは彼女が宇宙から来た異分子だからだと。そこにあたるが駆け込んで来、ラムが失踪したと告げる。面堂は友引町を二分して戦争を始めた。皆を極限状態にし、元の友引町に戻そうと願うようにすれば戻ると思ったのだ。あたるは戦いに参加せず、走り出した。ラムは一本の巨大な樹の前に導かれた。樹の上に巨大な胎児がおり「私は町の記憶にすぎない」と言う。戦争は終わり、皆、友引町に帰りたいという同じ想いを抱いた。胎児は「大じょうぶ、想い出だけで生きていける、地上は君たちのものだ」とラムに告げた。町は元に戻った。あたる達はラムの姿を見つけた。夢の時間は、テレビの瞬きを最後に消えた。

解説

普通の女の子になってしまったラムと共に、超常奇現象が続発する友引町の姿を描く「うる星やつら」シリーズの第4弾。週刊『少年サンデー』連載中の高橋留美子原作の同名漫画の映画化で、脚本は「Dr.SLUMP ドクタースランプ」の井上敏樹とやまざきかずおの共同執筆。監督は「うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ」のやまざきかずお、撮影は清水洋一がそれぞれ担当。

1986年2月22日より

  • 配給
  • 東宝
  • 製作国
  • 日本(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト