作品 映画館 ニュース

童貞物語(1986)

真夏の海岸、高校三年生の東隆夫、大黒屋健太、菊地弘の三人組と、弘の隣に住む中学生、木村修がやって来た。彼らは童貞で、ナンパをしにやって来たのである。だが、着いた早々失敗ばかり。クラスのマドンナ、宮本由紀をはじめ、同級生の井上あけみや小西絵里子と出会った三人組。弘は由紀に、大黒屋はあけみに、隆夫は絵里子に迫るが、ひどいめにあう始末。修だけが美しい中年女性、上原菜穂子と知り合う。菜穂子は二年前に、夫を事故で亡くした東京に店をもつ有名なデザイナー。塚口商事の社長、塚口康造は菜穂子をモノにしようとするが、修のおかげで失敗する。大黒屋と隆夫は、夜の海岸でOLをひっかけ、いざという時につきとばされてしまう。頭を打って気絶した隆夫は病院にかつぎこまれた。そこで彼は、看護婦として働く幼なじみの美代子と再会する。その夜、お互いに好意を抱いていた二人はメイクラブ。弘と由紀も、お互いの気持に素直になることを誓いあった。手形サギにあい、すべての財産を失った菜穂子は、明日からの新しい人生をやり直すため、修に初体験をさせる。翌日、彼女は別れの手紙と口紅を残して姿を消した。夏も終り、彼らは東京へ戻るのだった。

解説

童貞にオサラバしようとハッスルする少年たちのひと夏を描く。学研の「MOMOCO」に連載中の「童貞物語」の映画化で、脚本は「パンツの穴 花柄畑でインプット」の掛札昌裕、監督も同作の小平裕、撮影は「山下少年物語」の加藤雄大がそれぞれ担当。

1986年2月15日より

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト