白鳥の死(1937)

ロシアの踊子カリーヌ(ミア・スラヴェンスカ)がパリのオペラ座に主演することになり、ボープレ(イヴェット・ショーヴィレ)はスターの位置からおとされた。それを一番悲しんだのはローズ・スーリ(ジャニーヌ・シャラ)というバレエ学佼の少女で、彼女はボープレに対する同情の余り、ローズは『白鳥の死』の舞台稽古のとき、舞台の床を一部分はずれるようにして、カリーヌに怪我をさせた。犯人は分らない。足を悪くしたカリーヌは、舞台に立てなくなり、舞踊の教師となり、ローズを教える立場になる。彼女はローズの才能を見ぬき、熱心に教えたので、ローズはついにその愛情に負け、しかもボープレはさっさと引退して結婚してしまい、絶望的な気持になる。最後に自分の罪がバレるのをおそれて、彼女は地下水道に逃げるが捕えられ真相を打ち明ける。カリーヌは彼女の将来のために、すべを許す。

解説

ポール・モーランの同名小説の映画化で、当時新鋭のジャン・ブノア・レヴィが監督した。イヴェット・ショーヴィレとミア・スラヴェンスカという二大バレリーナの共演も見ものであった。バレエの舞台が美しくドラマを盛りあげた。

1941年5月29日より

  • 配給
  • 製作国
  • フランス(1937)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト