間奏曲(1936)

有名なヴァイオリニスト、ホルゲル(エスタ・エクマン)は、前途有望なピアニストのアニタ(イングリッド・バーグマン)と知り合い、やがて二人は恋におちる。二人はコンサート・ツアーで各地を廻る。しかしホルゲルの妻子に対する愛を考えて、アニタは身を引く。ホルゲルは家族の元へもどり、彼の娘が彼のところへ駆けてきてトラックにはねられる。病院で彼女は回復し、ホルゲルは家族を愛していたことを改めて悟るのだった。

解説

大女優イングリッド・バーグマンの若き日の主演作。この映画をセルズニック・プロのストーリー・エディターだったキャサリン・ブラウンが見て、セルズニックにバーグマンを推薦。セルズニックは彼女をアメリカに招いて七年契約を結び、第一作としてこの作品のリメイクを39年に製作し、大ヒット。日本では「別離」のタイトルで公開された。それによりバーグマンは一躍、注目されることとなった。

  • 配給
  • シネマトリックス
  • 製作国
  • スウェーデン(1936)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト