作品 映画館 ニュース

メッセンジャー・ボーイ

17歳のイワン(フョードル・ドゥナエフスキー)は、この年、高校の卒業と両親の離婚が重なった。母親(インナ・チュリコワ)は、彼に兵役までの1年間に社会勉強を経験させようと願い、彼は雑誌社で、執筆者と編集者との間のメッセンジャー・ボーイの職につく。仕事先の大学教授宅で、彼は大学一年生の美しいカーチャ(アナスタシア・ネモリャーエワ)と出会い、ふたりは親しくつきあい始める。だが、何事にも徹しきれないイワンからカーチャは離れていってしまう。ある日、家路についたイワンは、自分より少し年上の青年の軍服姿を見る。イワンは自分の置かれている立場を自問するのだった。

解説

日本では「ジャズメン」で知られるカレン・シャフナザーロフ監督の86年の作品。目的もなく行き当たりばったりの行動をとる主人公・イワンの生き方を、世代的批判をせずに暖かく誠実にみつめた佳作。87年モスクワ映画祭特別賞を受賞。

1988年10月22日より

  • 配給
  • 日本海映画
  • 製作国
  • ソ連(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト