作品 映画館 ニュース

アベル

31歳になる自閉症の男アベル(アレックス・ファン・ヴァーメルダム)は、もう20年も外出していない。過保護な母ドゥイフ(オルガ・ツイダーフク)はそんな息子を心配して、何度も自宅に女の子を招いて見合いをさせるが、その度に相手は、アベルの異常さとドゥイフの溺愛ぶりに気持ち悪がり、成功しない。そんなある日、父親のヴィクトル(アンリ・ガルサン)と喧嘩して家を追い出されたアベルは、街でシス(アネット・マルヘルべ)という女性と親しくなる。そして成り行きで彼女と肉体関係を結んだアベルは、そのままシスの家で暮らすようになる。のぞき部屋でアルバイトをしているシスは、実はヴィクトルの愛人で、最近別れ話が持ちあがっていた。そしてアベルは、そののぞき部屋で父とはち合わせする。一方のシスは、ドゥイフの嫉妬に悩まされていた。しかし紆余曲折の末に、アベルとシスは結局、無事結ばれるのだった。

解説

31歳になる自閉性の男の奇妙な日常と、その家族の姿をシニカルに描くドラマ。製作はローレンス・ゲールスとディック・マース、ロベルト・スワッブ、監督・脚本はアレックス・ファン・ヴァーメルダム、撮影はマルク・フェルペルラン、音楽はヴィンセント・ファン・ヴァーメルダムが担当。出演はアレックス・ファン・ヴァーメルダム、オルガ・ツイダーフク、アネット・マルヘルべほか。

1989年6月19日より

  • 配給
  • コムストック
  • 製作国
  • オランダ(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト