作品 映画館 ニュース

緑地の夜

イーグル・ライアンは殺伐な西部を天地とする悪漢団の首領であった。彼等は近く運送会社に到着するべき金塊を奪う計画をたてる。ライアンは牧師と娘のベッスが東部から養生にくることを知り、彼等の列車に途中から飛び乗って2人を自分の牧場に案内する。そして自ら牧師となって町へ乗り込み、町の顔役ベン・グラントと出逢う。2人は激しく格闘した後、ライアンは對手を突き倒し、次の日曜日にこの酒場で説教をすると宣言した。彼の雄々しき態度に日曜の朝には多勢の聴衆が集まった。今まで神を恐れぬ不敵の悪漢であったライアンも自らの言葉に感激して涙さえも浮かべるくらい、聴衆は痛く感動する。始めは悪い目的で牧師となった彼も、今はまったく改心することができ、牧師の娘ベッスの愛を感じて心嬉しい日を送る。ある日金塊が到着した。悪漢はこれを守るライアンを襲おうと計ったが、これを知ったベッスは急を彼に告げる。彼は悪漢と争って重傷を受けた。傷癒えるや彼はすべてを町の人とベッスの前に告白したが、彼等はもちろんライアンを許した。

解説

  • 配給
  • 製作国
  • アメリカ(1919)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト