感激の夜

行き暮れて辿り着いた二人の武士、寺院を守る老僧に一夜の宿を乞うた。其の夜老僧の物語った一場の哀話−−城の主ストリンベルグの妻エルガは夜な夜な密び男と不義の快楽に耽った。事は老僕より漏れて遂にエルガは夫伯爵の刀の錆となったのである−−夜はほのぼのと明け渡る。城頭に鳥の声。曙の光は今の老僧古のストリンベルグ伯と二人の武士の顔を照した。

解説

古き城にまつわる浪漫的な哀話。無声、染色。

  • 配給
  • 製作国
  • スウェーデン(1920)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト