作品 映画館 ニュース

天晴!男

検事長エマニュエル・ブレークは悪い意味における意志の強い男であった。事として彼の前途を遮るものある時は、ただ「破壊せよ」を標語とし、どこまでも我意を通さねば置かぬ酷薄無情の男である。ブレークの政敵は州知事のウィーラーであった。ブレークの部下ダヴェンボートはある書類を知事より奪わんとして彼を殺す。ブレークはこの罪をミッチェル・マーレイに被せてしまう。彼は富豪ヴァンターの養女ジャニスを得ようとマーレイと争っている恨みがある。無頼漢なるジャニスの父はヴァンターを毒殺したのでブレークは易々ジャニスを手に入れることができた。しかし彼が頭脳を痛め病院に静養する間に事件は意外な方に進んでいた。ジャニスが養父殺しの共謀者として公判に附せられていたのである。冷酷一方であったブレークが人間として目醒める時が来た。ブレークはジャニスの父を真犯人と指摘して娘を救い、また知事を殺害した事件につき責任ありと自白し、州の法律に従って処分されることになる。

解説

  • 配給
  • RKOパテ映画
  • 製作国
  • アメリカ(1919)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら