Mr.Boo! インベーダー作戦

香港にあるテレビ局MTV(マウス・テレビ)の専属タレント、チ・マン(マイケル・ホイ)は、局と8年専属契約を結んで1年になるというのに全くお呼びがかからない。彼にはチョンボ(リッキー・ホイ)という弟がいたが、彼は発明狂で、最近は笑いガスが吹き出す盗難予防装置などを発明したり、感じるテレビという得体の知れないモノを創っていた。にチョンボにはリンリン(バオ・ツイ・リン)という可愛いガールフレンドがいて、兄のロン(サミュエル・ホイ)といっしょにホテルのレストランで奇術ショウをやっていた。ある日、CTV(キャット・テレビ)から、チ・マンにクイズ番組の司会をやってみないかという話がとびこみ、引きうけた結果、大成功におわる。そして5年の契約を結ぶが、MTVと7年も契約が残っていることからMTVのリーチ局長(リュウ・チェン・チェン)に契約解除を頼んでみるが、冷たく拒まれてしまう。そこで考えついたのが、局長室の金庫にある契約書を盗み出すことだ。昼休みを狙ってチョンボと変装して忍び込んだチ・マンだったが、ボディーガードに見つかってしまい、ようやく契約書をもって逃げ出したものの、チョンボは金庫の中に閉じ込められてしまった。ロン兄妹に助けをかりてチョンボを助けに向かったチ・マンは、生放送のショウ番組に紛れ込んでしまい、スタジオはテンヤワンヤの大騒動。しかしチョンボの仕かけた笑いガスが、観客たちを喜ばせ、これを見ていたMTVの会長が、視聴者が求めていたのはコレだとばかりにチ・マンを気に入った。チ・マンは、MTVの会議室に招かれ、会長をはじめ重役たちから、局長になって欲しいと頼まれるのだった。

解説

2つのライバル・テレビ局を舞台に、一枚のタレント契約書をめぐっての大騒動を描く“Mr.Boo!”シリーズの第2弾。製作は「ブルース・リー 死亡遊戯」のレイモンド・チョウ、監督・脚本はホイ三兄弟の長男マイケル、撮影はトム・ラウ、音楽・唄は末っ子のサミュエル・ホイが各々担当。出演はマイケル・ホイ、サミュエル・ホイ、リッキー・ホイ、バオ・ツイ・リン、ラッセル・コーソン、リュウ・チェン・チェン、チェン・フー・シュンなど。

1979年5月26日より

  • 配給
  • 東宝東和
  • 製作国
  • 香港(1978)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト