スカイ・ハイ(1975)

オーストラリアの観光地アイアズ・ロックで、大量の麻薬取り引きを行おうとしていた中国人チャンとオーストラリア人の密売員は、事前に情報をキャッチしていた警察に急襲され、密売員は車で惨死、チャンは逮捕された。そのチャン逮捕の報を聞いた香港警察の特別支局員ファン・シン・レイ刑事(ジミー・ウォング)は、シドニー入りと同時にチャンに会い、得意のクンフーで麻薬の背後組織を追求、口を割らせた。ボスの名はウイルトン(ジョージ・レーゼンビー)、シドニーで暗黒街の帝王と呼ばれ、麻薬、売春ルートを一手に握る大物で、警察でさえその牙城に踏み込むことが出来ないという。やがて本国送還手続きのため裁判所に出頭したチャンが何者かに狙撃ざれて死にファンはその狙撃者を追った。犯人はウイルトンの手下だった。ファンは時を移さずウイルトンの巨大なビルに潜入したがウイルトンは既に姿をくらましていた。数日後、ファンは香港で知り合ったハング・ライダーの名手カロライン(ロス・スパイアーズ)にわたりをつけてもらい、ウイルトン主催のパーティー会場に乗り込んだ。クンフーで対決するファンとウイルトン。血みどろの決闘は遂に勝負あずけとなってしまう。その夜、ファンは単身ウイルトンの空手道場を急襲、証拠品を奪おうとしたが十数人の男たちに襲いかかられ、さすがのファンも重傷を負ってしまう。辛うじて通りかかったアンジォリカ(レベッカ・ジリング)という娘に助けられた。しかも幸運なことにアンジェリカの父は医者だった。アンジェリカ父娘の手厚い看病で傷も癒えたファンは、いつしかアンジェリカと恋を語り合う仲となったが、いつまでもそうしてはいられない。ファンとアンジェリカは車でシドニー市街へ向かったものの、いち早く二人の動きを捉えたウイルトン一味に挟み討ちにされ、時限爆弾によってアンジェリカは殺されてしまう。怒りに燃えたファンは、ハング・ライダーによってウイルトンの牙城であるビルを奇襲、ついに宿敵ウイルトンを血祭りにあげた。

解説

シドニーを根拠地とする麻楽シンジケートに挑む香港警察特別支局刑事の活躍を描くオーストラリア・香港の合作アクション。製作はレイモンド・チョウとジョン・フレーザー、監督・脚本はブライアン・トレンチャード・スミス、撮影はラッセル・ボイド、音楽はノエル・クインランが各々担当。出演はジョージ・レーゼンビー、ジミー・ウォング、ロス・スパイアーズ、レベッカ・ジリング、フランク・スリングなど。

1976年5月29日より

  • 配給
  • 東宝東和
  • 製作国
  • 香港 オーストラリア(1975)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト