作品 映画館 ニュース

美しき野獣(1936)

1890年代のサンフランシスコ支那街に、チャン・ロウの経営する賭博場があった。フリスコ・ドルはそこの歌姫であったが、彼女を熱愛しているチャンは殆ど1年間、彼女を閉じ込めて外へ出さなかった。彼女に片思いを抱くヴァンスの手引きで、或る夜ドルはそこから逃げ出そうとした時、チャンに発見され拷問されそうになったので彼を殺した上、ブル・ブラケット船長の船に乗ってアラスカへ逃げる事になった。ドルの素性を知らぬブルは航海中彼女を愛するようになり、ドルも彼の素朴な態度に惹きつけられた。シアトルから別の女が乗船した。それはアラスカへ伝道に行く教母アニー・オルデンだった。ブルは警察の手配で彼女が殺人犯である事を知って一時は怒ったが、彼女を何とかして助けてやろうと決心する。その頃ドルはアニーの感化を受けてバイブルを読むようになった。船がアラスカへ近ずく頃アニーは病を得て遂に船中で死亡した。ノームの町へ着くと警官フォレストがドルを探して船内を臨検した。ドルは素早くアニーの衣装をつけて彼女に成り済まし、フリスコ・ドルは船中で死亡したと、巧みにフォレストの眼を逃れて上陸した。こうして彼女はアニー・オルデンとして町の教会に迎えられる事になった。荒くれ男と莫蓮女の集まったノームでは教会の寂れ方は一通りではなかったが、ドルは彼女らしい一策を案じ、酒場の女達や楽士を教会に集めたので、初めは面白半分に集まっていた人々が次第に信者となり、教会は非常な繁盛を示した。フォレストは彼女の身柄を怪しんで近付くうち、何時しか恋する身となった。ドルはブルとフォレストの二人の間に迷っていたが、フォレストが彼女をフリスコ・ドルと知っても、辞職して結婚しようとするのを見て、彼の一生を破滅させるに忍びなかった。彼女は教会の人達に新しい教会を建て、それにアニー・オルデンの名前を付けるように頼んで、再びブルと一緒に貨物船に乗って南へ向けアラスカを去って行った。

解説

「わたし貴婦人よ」「罪じゃないわよ」と同じくメイ・ウェスト主演映画で、ウェスト作の劇とマリオン・モーガンとジョージ・B・ダウエル作の物語を基としてこの二映画同様ウェストが脚色し台詞を書いた。監督には「アメリカの恐怖」「夜毎八時に」のラウール・ウォルシュが当たり、「アメリカの恐怖」のジョージ・クレメンスが撮影した。相手役は「男の敵」「絢爛たる殺人」のヴィクター・マクラグレンが勤め、「愛の岐路」「白蛾」のフィリップ・リード、「愛の隠れ家」のハロルド・ヒューバー、「台風」のヘレン・ジェローム・エディー、「からくり珍裁判」のルシル・グリーソン、「クレオパトラ(1934)」のハリー・ベレスフォード、「支那海」のソー・ヨング、駒井哲等が助演。

  • 配給
  • パラマウント日本支社
  • 製作国
  • アメリカ(1936)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら