作品 映画館 ニュース

ホーリー・ウェディング

恋人同士のピーター(テイト・ドノヴァン)と遊園地で働いていたハバナ(パトリシア・アークェット)はその遊園地で強盗を働いたが、TVで自分たちが翌朝既に指名手配されていることを知り、カナダへ逃亡する。二人が来たのはピーターの住んでいた宗教コロニーであり、弟のジーク(ジョセフ・ゴードン・レヴィット)は兄の帰還に喜びつつも、ハバナに気を引かれる。しかしピーターが自動車事故で突然死んでしまい、宗教場の戒律により、ハバナは弟のジークと再婚しなければならなくなった。ハバナはピーターが近隣に隠したはずの大金を探していたが、一足早くジークがそれを見つけてしまう。その大金は村中の話題となってしまい、長老は、二人にその大金を遊園地へ返しに行くように命じる。ハバナはその大金を横取りしようと一人逃亡した。しかしFBIの追っ手もまた大金ほしさにジークを人質に取った。ハバナはジーク救出に向かい、この救出に成功する。二人は遊園地目指して、車を走らせるが、遊園地には再びハバナに一度は逃げられたFBIの追っ手が待っていた。警察は二人が大金を返しに来たことを認め、釈放される。その途中ハバナは自分の本名はベッツィと言い、家でしたことをジークに継げると、ジークは家に帰ることを諭し、村へついた二人は10年後に再会できることを約束して別れる。

解説

ギャングの情婦と12歳の子供が結婚する羽目になって、てんやわんやの大騒動をくり広げるコメディ。監督は「スター・トレック」シリーズに出演し、「スリーメン&ベビー」などを監督したレナード・ニモイ、製作はウィリアム・スチュアート、デイヴィッド・マデン、ディアーヌ・ナバトフ。 脚本はデイヴィッド・ワイスバーグ、ダグラス・S・クックが執筆。エクゼクティヴ・プロデューサーはテッド・フィールド、ロバート・W・コート、撮影はボビー・ブコウスキー、音楽はブルース・ブロートン、編集はピーター・E・バーガー、美術はエドワード・ピッソーニ、衣装はディーナ・アペルがそれぞれ担当。出演は「トゥルー・ロマンス」のパトリシア・アークェット、新人のジョセフ・ゴードン・レヴィット、「ミュージックボックス」のアーミン・ミューラー・スタールなど。

1995年6月10日より

  • 配給
  • 大映
  • 製作国
  • アメリカ(1994)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト