作品 映画館 ニュース

クルックリン

70年代のブルックリン。カーマイケル一家はクリントン(カールトン・ウィリアムス)、ウェンデル(シャリフ・ラシュド)、ネイト(クリス・ノウィングス)、ただ一人の女の子トロイ(ゼルダ・ハリス)、末っ子のジョセフ(ツィーマック・ワシントン)と5人の育ちざかりの子供に母親の声が重なって、とにかく騒々しい毎日だ。大黒柱のはずのダディ(デルロイ・リンド)は売れない音楽家で、自分の音楽にこだわるあまり家計の貧しさから逃避しているが、子供たちにはとても甘い。マム(アルフレ・ウッダード)は家計のために昼夜を分かたず働き、子供たちには口うるさく接するが、それも良識ある人間に育てようとしてこそ。当然子供たちは「ダディの方がいい」と言っては、またもやマムに怒られる。マムの目を盗み、夜中にこっそりテレビを見るのも楽しみの一つ。平凡な家の中の日常とは裏腹に、一歩表へ出ると近所のチンピラ兄弟(スパイク・リーほか)がシンナー代欲しさに子供たちを脅迫し、隣人とは犬猿の仲でトラブルばかり。そして家の中でもついに、金にならない曲ばかり書いているダディにマムの怒りが爆発した。家を出ることになったダディを見送る子供たちに、寂しさは隠せない。しばらくしてダディは戻ってくるが、音楽への情熱はそのままで夫婦の間は平行線、事あるごとに家計についての議論が持たれる。夏休み。トロイはうるさい親兄弟と離れて、叔母さんの家で優雅なひとときを送る。初めは嫌がっていたが、いとこのヴァイオラとは仲良しになれたし、お誕生日も祝ってもらって、かなりご機嫌。ただ、厳格でデリカシーのないソング叔母さんのことは好きになれない。1ヶ月が経ち、トロイにマムから手紙が届く。ようやくダディのコンサートが実現し、帰りの飛行機のチケットが同封されていた。ニューヨークの空港に降り立ったトロイは、迎えに来たマキシン叔母さん(ジョーイ・スザンナ・リー)から、マムが入院したことを知らされる。病院のベッドでマムは「自分に代わって兄弟の面倒を見て」と頼み、間もなく帰らぬ人となる。涙は見せないものの、葬儀に出ないと駄々をこねるトロイにダディは優しく説得する。ようやくたちなおったトロイは兄弟の姿を見て、マムとの約束を果たさねばと心に誓う。大きな悲しみの後で、彼女は少し大人になったようだ。

解説

社会的な問題作・話題作を作り続ける映画作家スパイク・リーが、ニューヨークはブルックリンで過ごした自身の少年時代を描いたファミリー・ドラマ。「麻薬やギャング、ヒップホップなど、これまで自分が描いてきたものは、アフリカ系アメリカ人の一面にしか過ぎず、別の側面を描き出したかった」と言う監督の言葉どおり、前作「マルコムX」とは一転して穏やかな作風が目を引くが、黒人としての誇りという主張は一貫して根底にある。女優の妹ジョーイ・スザンナ・リー、映画作家・俳優の弟サンキ・リーと共同で執筆した脚本を、スパイクの製作・監督で映画化(スパイクとジョーイは出演も)。エグゼクティヴ・プロデューサーはスパイクの盟友で「プレタポルテ」のジョン・キリク、撮影は「マルコムX」で第2班撮影監督を務めたアーサー・ジャファ、美術は初の劇映画「シーズ・ガッタ・ハヴ・イット」以来、監督の全作品を手掛けるウィン・トーマス、衣装は「マルコムX」のルース・カーターが担当。音楽は『スクール・デイズ』(V)以降の全作品に携わるテレンス・ブランチャードがスコアを書き、カーティス・メイフィールド、アイザック・ヘイズ、スティーヴィー・ワンダー、ジェームズ・ブラウンなど、70年代のソウル・ミュージックのヒット曲の数々が全編に流れる。出演は「心のままに」のデルロイ・リンド、「愛が微笑む時」のアルフレ・ウッダード、子役のゼルダ・ハリスら。

1995年4月22日より

  • 配給
  • UIP
  • 製作国
  • アメリカ(1994)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト