作品 映画館 ニュース

クォーターバック(1994)

イーストコースト。アメリカン・フットボール、カレッジ・リーグ界の強豪、イースタン大学(ESU)は念願の初優勝へ向けてヘッド・コーチのウィンタース(ジェームズ・カーン)の下、名クォーターバック、ジョー・ケイン(クレイグ・シェーファー)、戦力強化のためスカウトされた期待のルーキー、ジョンソン(オマー・エップス)を擁して、それぞれ正念場を迎えた。全米ベストプレイヤーのひとり、ケインはリーグ最後の挑戦に加え、シーズン最優秀賞(ハイズマン賞)獲得を期待して騒ぐ周囲からのプレッシャーに悩み、アルコール依存症の父の轍を踏む一歩手前まで来ていた。知り合った同じキャンパスのカミーユ(クリスティ・スワンソン)との交際も、結局気晴らしにはならず、彼はついに入院、リハビリ生活に入る。一方、ジョンソンは学業不振のため補習の毎日、そこで個人補習を手伝ってくれたオータム・ヘイリー(ホール・ベリー)という娘に恋するが、彼女の恋人は先輩チームメイトだった。そうこうするうちに、苛酷なシーズンは進み、ジョンソンの奮戦もむなしくケイン欠場の穴は大きくチームは負け続き。コーチのサムはケインをたずね、彼を励ましてプレイヤーとして立ち直らせようとする。いよいよファイナルゲームが到来。チームは、療養期間が明けたケインがチームに復帰、ベストメンバーで最後の勝負に賭ける。ゲーム残り時間あと数秒、ケインは逆転トライを決めて、ついに念願の初優勝を決めるのだった。

解説

アメリカン・フットボールのカレッジ・リーグで念願の初優勝目指して躍進する若者たちを描くスポーツ・ドラマ。監督は「メジャーリーグ」「メジャーリーグ2」で大ヒットを飛ばしたデイヴィッド・ウォード、製作はサミュエル・ゴールドウィン・ジュニア、エグゼクティヴ・プロデューサーはダンカン・ヘンダーソン、トム・ロスマン、脚本はデイヴィッド・ウォード、アーロン・ラッサム、撮影はヴィクター・ハマー、音楽は「エリザ」のミシェル・コロンビエ、編集はポール・セイダー、キンバリー・レイ、美術はアルバート・ブレナーがそれぞれ担当。出演は「リバー・ランズ・スルー・イット」のクレイグ・シェーファー、「ザ・チェイス」のクリスティ・スワンソン、「ゴッドファーザー」「フォー・ザ・ボーイズ」ほかの名優ジェームズ・カーン、「メジャーリーグ2」のオマー・エップス、「フリント・ストーン モダン石器時代」のホール・ベリーほか。

1995年11月25日より

  • 配給
  • 日本ヘラルド映画
  • 製作国
  • アメリカ(1994)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト