作品 映画館 ニュース

赤ちゃんのおでかけ

まもなく1歳の誕生日を迎える名門家の御曹司、ビンク坊やが誘拐された。犯人はエディ(ジョー・マンティーニャ)、ノルビー(ジョー・パントリアーノ)、ヴィーコ(ブライアン・ヘイリー)の3人組で、彼らは心配するパパのベニングトン(マシュー・グレイヴ)とママのラレイン(ララ・フリン・ボイル)に、500万ドルの身代金を要求する。一方、好奇心溢れる坊やは犯人たちのアジトから街に這い出していった。あわてふためいて追跡する悪漢たちたが、偶然が偶然を呼び、次から次へと予期せぬハプニングが彼らを襲う。バスに乗り、デパートを訪れたベイビーは車が行き交う横断歩道に這い出したり、動物園のゴリラの檻に潜り込んだり、あげくの果ては超高層ビルの工事現場のクレーンに乗り、目もくらむ空中に宙づりになるなど大冒険を展開。本人はいたって無邪気だが、その度に犯人たちはボロボロの有り様。FBIのグリソム捜査官(フレッド・ダルトン・トンプソン)らの大捜索隊がベイビーと犯人の足取りを追っていたが、乳母のギルバーティン(シンシア・ニクソン)は、坊やがお気に入りの絵本どおりに行動していることに気づく。絵本の最後に書かれてあった退役軍人の施設に急行してみると、案の定、そこには坊やの笑顔が。3人の誘拐犯も逮捕され、まずはめでたし。

解説

富豪一家の赤ん坊を誘拐したドジな3人組の犯人が、1歳の坊やにきりきり舞いさせられる騒動を描いたアドベンチャー・コメディ。カートゥーン調のギャグと、赤ちゃんをめぐるスリルとスペクタクルが見どころ。製作・脚本は「ホーム・アローン」2部作をはじめとするキッズ・コメディに定評のあるジョン・ヒューズで、監督には特殊効果マン出身で本作が2作目のパトリック・リード・ジョンソンが当たった。製作はヒューズと「ホーム・アローン2」のリチャード・ヴェイン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「34丁目の奇跡(1994)」のウィリアム・ライアン。撮影は「わんぱくデニス」のトーマス・アッカーマン、音楽は「34丁目の奇跡(1994)」のブルース・ブロートン、美術は「カーリー・スー」のダグ・クレイナー、第2班監督兼スタント・コーディネーターのフレディ・ハリスと、ヒューズ作品の常連スタッフが結集。「バットマン リターンズ」のマイケル・フィンクが視覚効果スーパーバイザーをつとめ、ILMが特殊視覚効果を担当。劇中に登場するゴリラやメカニカル・ベイビーのデザインと製作を「狼男アメリカン」のリック・ベイカーが手がけている。また「赤ちゃんはトップレディがお好き」などテレビや映画の赤ちゃんの演技指導の第一人者、ジム・ワグナーがベイビー・コーチをつとめた。主演は撮影当時1歳だった、一卵性双生児のジェイコブとアダムのウォートン兄弟。共演は「殺人課」「ハードロック・ハイジャック」のジョー・マンティーニャ、「ルーキー」やTVシリーズ『ツイン・ピークス』のララ・フリン・ボイルら。

1995年3月4日より

  • 配給
  • 20世紀フォックス映画
  • 製作国
  • アメリカ(1994)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト