作品 映画館 ニュース

ラスト・ターゲット 沈黙の復讐

全米でリキッド・ヘロインというドラッグが大流行し、その市場を牛耳る5人の大物たちは、″白い手(ホワイト・ハンド)″と呼ばれる巨大シンジケートを形成していた。妻と娘をこよなく愛する、有能なFBIエージェントのジェフ・ダグラス(ロバート・パトリック)はある日、メキシコに収監中の″白い手″の売人マンタ(ティタス・ウェリヴァー)を護送する任務を命じられた。だが、その途中、彼は敵の襲撃を受け、マンタを奪い去られる。マンタはジェフの妻と娘を人質にとり、交換条件としてリキッド・ヘロインの国内持ち込みを手伝うように強要する。彼はやむなく従うが、目的地に着いたとたん命を狙われる。間一髪逃げ延びた彼に、家族が惨殺された悲報が届いた。組織への復讐を誓うジェフはFBIの膨大な資料を元に綿密な計画を立て、まず黒幕のひとりで、ラスヴェガスの裏の世界を操るヴィッチ(ミック・フリートウッド)の額に弾丸をぶち込む。彼は続いてロスを拠点とするラフルア(ジェフリー・アンダーソン・ガンター)をはじめ、組織のメンバーを一人一人血祭りに上げていった。一方、FBI本部では「白い手」の壊滅にジェフを利用すべく彼の行為を黙認し、さらにエージェントから彼の名を外していた。国家権力の目論見を知った彼の元同僚は、復讐を止めるべく現場に急ぐ。その頃、彼は最後の標的マンタを追い詰め、凄絶な死闘の末に倒し、彼の復讐は終わった。

解説

最愛の妻と娘を殺されたFBI捜査官が麻薬組織に対し、メキシコからラスヴェガス、ニューオーリンズ、ロサンゼルス、コロラドと、米大陸を横断する復讐戦を展開する姿を描いたアクションもの。監督はピザ・パーラーで成功を収め、その体験を元にレストラン・ビジネスのコメディ映画を作って以来、映画界に身を転じたという変わり種のジョセフ・メルヒで、彼の主宰するPMエンターテインメント社作品。製作は彼とリチャード・ペピン。脚本はジェイコブセン・ハート、撮影はケン・ブレイキー、音楽はジョン・ゴンザレス、美術はスティーヴ・レイモスがそれぞれ担当。主演は「ターミネーター2」のT‐1000役で知られるロバート・パトリック。共演は「JFK」のティタス・ウェリヴァー、「カルテル 復讐の狼」のマイルズ・オキーフ、ロックグループ″フリートウッド・マック″のミック・フリートウッドら。

1994年11月26日より

  • 配給
  • ケイエスエス
  • 製作国
  • アメリカ(1994)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら