作品 映画館 ニュース

マーヴェリック

19世紀、開拓期の西部。賭博師のマーヴェリック(メル・ギブソン)は、4日後に開かれる史上最大のポーカー大会に出場するべく、参加費用の2万5千ドルを集めるのに躍起になっていた。クリスタル・リヴァーの町を訪れた彼は、美貌の女ギャンブラー、アナベル(ジョディ・フォスター)と出会う。銀行頭取の友人に借金を取り立てるが、ままならず町を出る。連邦保安官を名乗るゼイン・クーパー(ジェームズ・ガーナー)も加わり、同じポーカー大会を目指す3人の奇妙な道中が始まった。町でマーヴェリックに一杯食わされたならず者のエンジェル(アルフレッド・モリーナ)も後を追う。3人組の乗った駅馬車の老御者が頓死するが、マーヴェリックは断崖絶壁の直前で暴走馬車を停車させる。3人は次に、インディアンに襲われたという幌馬車隊に出くわす。だが、真犯人は白人の強盗団だった。マーヴェリックとクーパーは、早撃ちで一瞬のうちに彼らを倒した。そこへ本物のインディアンが現われた。リーダーのジョゼフ(グレアム・グリーン)とマーヴェリックは旧知の中で、2人は大芝居を打ち、マーヴェリックはアナベルやクーパーと別れることに成功。2人はロシアの大公をペテンにかけて金を手に入れたが、彼はエンジェル一行の罠にかかり、縛り首にされる。悪運強く無事だった彼は、大会が開かれるミシシッピー河に浮かぶ船、ローレン・ベル号に向かった。出場資格には2000ドルたりなかったが、彼は乗客の中にあのロシアの大公を見つけ、再びペテンにかけて金を巻き上げた。船主で大会主催者の提督(ジェームズ・コバーン)の開始を告げ、大会が始まる。参加者の中にはアナベルやエンジェルもおり、監視役はクーパーだ。マーヴェリックは勝ち進み、ついに優勝する。ところが、クーパーは賞金の50万ドルを持ち逃げした。逃げ延びたクーパーの前に、提督が現われる。2人は最初からグルだったのだ。しかし、提督は金を独り占めしようとする。そこへマーヴェリックが現われ、2人から金を奪った。しばらくして、マーヴェリックとクーパーは宿で落ち合う。なんと2人は親子だったのだ。そこへアナベルが現われて形勢はまたまた逆転、銃を突きつけて金の入ったバッグを持ち去った。だが、半分はマーヴェリックのブーツに隠してあり、彼は「追いかける楽しみができた」と笑った。

解説

自慢のカードさばきで開拓期の西部を渡り歩くギャンブラー、美貌の女スリ、謎の保安官の珍道中を、アクションとユーモア豊かに描いた西部劇。50年代の人気TVシリーズ『マーベリック』を企画も務めたメル・ギブソンの主演で映画化したもので、彼がパートナーのブルース・デイヴィーと主宰するアイコン・プロ作品。どんでんがえしの連続に「駅馬車(1939)」をほうふつさせるスタントなど、見どころは多い。監督は「リーサル・ウェポン」シリーズでギブソンと組んだリチャード・ドナー。脚本は「ミザリー」のウィリアム・ゴールドマン、製作はデイヴィーとドナーの共同。ダイナミックな野外ロケを展開した撮影は「わかれ路(1994)」のヴィルモス・ジグモンド。「夕陽のガンマン」「大いなる西部」の主題曲も取り入れた遊び心たっぷりの音楽は「レナードの朝」のランディ・ニューマン。主演は「顔のない天使」のメル・ギブソンと「ジャック・サマースビー」のジョディ・フォスター、そしてTV版で主人公を演じたジェームズ・ガーナー。助演に「天使にラブソングを2」のジェームズ・コバーン、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のグレアム・グリーンら。

1994年08月13日より

  • 配給
  • ワーナー・ブラザース
  • 製作国
  • アメリカ(1994)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら