作品 映画館 ニュース

ブレインスキャン

内気な高校生マイケル(エドワード・ファーロング)は、ホラー映画やコンピュータゲームが大好きな孤独な少年。ある日、オタク仲間のカイル(ジェイミー・マーシュ)から、潜在意識と連動して、最高の恐怖が味わえる″ブレインスキャン″というCD‐ROMゲームソフトのことを聞いた彼は、早速問い合わせる。送られてきたディスクをドライブした瞬間、マイケルはゲームの世界に迷い込み、陰の声に操られるまま、残虐な殺人を行ってしまう。ゲームが終わって我に帰った彼は、全身びっしょり汗をかいており、それは仮想現実と呼ぶにはあまりにリアルで、恐ろしい体験だった。マイケルは、TVで彼の町で起こった猟奇殺人事件の報道を知って驚く。ゲームの中で彼が行った殺人が、現実のものとなったのだ。そして、恐怖に震える彼の元に2枚目のディスクが届き、通信回線を通じて怪人トリックスター(T・ライダー・スミス)が出現した。怪人の罠にはまったマイケルは現実の犯罪の証拠を消すため、2枚目のディスクをセットして証拠を握るカイルを亡き者にし、さらに3枚目の″プレイ″も行う。ゲームの中での恐ろしい体験は、彼の心の暗黒面の表われであり、トリックスターは彼自身の化身だった。彼が片思いしている少女キンバリー(エイミー・ハーグリーヴス)を殺せと囁く怪人にマイケルはついに反逆する。気がつくと最初にゲームを行った夜に戻っており、カイルも無事だった。キンバリーとの恋の予感も覚えた彼は、もうゲームはいらないとイヤな担任の先生に渡す。その時、トリックスターが現われてニヤリと笑った。

解説

謎のコンピュータ・ゲーム・ソフトの中に迷い込んだ少年が体験する恐怖を描いた、SFXホラー。監督は「ロックアップ」「アウト・フォー・ジャスティス」のジョン・フリン。ブライアン・オーウェンズの原案を、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカーが脚色、製作はマイケル・ロイ。撮影はフランソワ・プロタット、音楽は「ヘルバウンド 地獄のヒーロー5」のジョージ・S・クリントン。特殊メイクは「バットマン リターンズ」のスティーヴ・ジョンソンと彼の主宰する工房XFXが担当。主演は「ターミネーター2」「母の贈り物」のエドワード・ファーロング。共演は怪人トリックスター役に、舞台で活躍し、本作が映画デビューとなるT・ライダー・スミス、同じく映画初出演のエイミー・ハーグリーヴス、「ドラキュラ(1979)」のフランク・ランジェラ、「モンテネグロ」のジェイミー・マーシュほか。

1994年11月26日より

  • 配給
  • ヒューマックス=ギャガ
  • 製作国
  • アメリカ(1994)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら