作品 映画館 ニュース

裸の銃を持つ男 PART33 1/3 最後の侮辱

恋人ジェーン(プリシラ・プレスリー)との結婚を機に警察を辞めたドレビン(レスリー・ニールセン)は、弁護士として活躍する彼女を仕事に送り出し、自分は主夫として家事に励む日々を送っていた。ある日、彼は元同僚のエド・ホッケン署長(ジョージ・ケネディ)とノードバーグ(O・J・シンプソン)から、捜査の協力を頼まれた。ドレビンは断りきれず、警察に復職したら離婚するというジェーンとの約束を破り、現在服役中の爆弾テロリスト、ロッコ(フレッド・ウォード)の恋人で市庁舎爆破犯人の共犯者と目される看護婦タニヤ(アンナ・ニコール・スミス)の身辺を調査すべく、彼女の勤務する病院に潜入する。ところが、それを知ったジェーンは怒って家を飛び出してしまった。ドレビンは結局、復職する事になる。市庁舎爆破の首謀者がロッコである事が判明し、彼の次の計画を聞き出して阻止するため、彼はおとり捜査を志願して刑務所に潜入する。ロッコの信用をかち得たドレビンは、彼と共に脱獄に成功。2人はロッコの母親ミュリエル(キャスリーン・フリーマン)の手引きで、タニヤの待つアジトの山荘へ向かった。一方、女友達のルイーズ(エレン・グリーン)と旅行中のジェーンは偶然、ドレビンの残したメモから山荘の場所を知り、彼の身を案じて現地に向かう。ロッコ一味はアカデミー賞授賞式会場の爆破を狙っていた。爆弾はプレゼンターの封筒の中に入っている事が分かり、会場へ忍び込んだドレビンとジェーンは必死で探す。ドレビンは式を目茶苦茶にしたあげく、爆破を未然にに防ぐ事に成功し、ジェーンとの仲も元通りになった。

解説

難事件に行き当たりばったり、無責任と悪ノリの捜査法で挑む迷警部、フランク・ドレビンの活躍(?)を描いたコメディ・シリーズの第3作。今回も「アンタッチャブル」「ジュラシック・パーク」「テルマ&ルイーズ」「クライング・ゲーム」などの映画パロディやトーニャ・ハーディング事件などの時事ネタのほか、エンド・クレジットに至るまで無数のギャグを満載。さらにマリエル・ヘミングウェイ、エリオット・グールド、ラクエル・ウェルチ、ジェームズ・アール・ジョーンズらのスターが自身の役でカメオ出演(ほとんどがノー・クレジット)しているのも見どころ。監督はTV界出身で、これがデビュー作のピーター・シーガルに交代。製作はシリーズの原型となったTV番組『フライング・コップ』から手掛けているロバート・K・ウェイスと、前2作を監督したデイヴィッド・ザッカー。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェリー・ザッカー、ジム・エイブラハムズ、ギル・ネッターの共同。脚本はパット・プロフト、デイヴィッド・ザッカー、ロバート・ロキャッシュ。撮影はロバート・スティーヴンス、音楽はアイラ・ニューボーンと、メイン・スタッフは前2作と同様。TV版以来、主演を務めるレスリー・ニールセンのほか、プリシラ・プレスリー、ジョージ・ケネディなどのレギュラー陣に加え、「ザ・プレイヤー」のフレッド・ウォード、『プレイボーイ』誌″プレイメイト・オブ・ジ・イヤー″のグラマーモデル、アンナ・ニコール・スミスらが共演。

1994年08月13日より

  • 配給
  • UIP
  • 製作国
  • アメリカ(1994)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト

公式サイトはこちら