作品 映画館 ニュース

八住利雄
フィルモグラフィー

妻と女の間

脚本 日本 (1976)

絶唱(1975)

構成 日本 (1975)

吾輩は猫である

脚本 日本 (1975)

ノストラダムスの大予言

脚本 日本 (1974)

ノストラダムスの大予言

構成 日本 (1974)

商魂一代 天下の暴れん坊

脚本 日本 (1970)

地獄変

脚色 日本 (1969)

日本海大海戦

脚本 日本 (1969)

喜劇 駅前学園

原作 日本 (1967)

喜劇 駅前百年

脚本 日本 (1967)

斜陽のおもかげ

脚色 日本 (1967)

雪の喪章

脚色 日本 (1967)

絶唱('66)

構成 日本 (1966)

大工太平記

脚色 日本 (1965)

波影

脚色 日本 (1965)

四谷怪談(’65)

脚色 日本 (1965)

喜劇 陽気な未亡人

脚本 日本 (1964)

出撃

脚色 日本 (1964)

日本名勝負物語 講道館の鷲

脚色 日本 (1964)

ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗

脚本 日本 (1964)

喜劇 とんかつ一代

原作 日本 (1963)

新・夫婦善哉

脚本 日本 (1963)

大盗賊

構成 日本 (1963)

台所太平記

脚色 日本 (1963)

憂愁平野

脚色 日本 (1963)

明日ある限り

脚色 日本 (1962)

如何なる星の下に

脚色 日本 (1962)

女の一生('62)

脚色 日本 (1962)

忠臣蔵 花の巻・雪の巻

脚本 日本 (1962)

どぶろくの辰

脚色 日本 (1962)

愛情の系譜

脚色 日本 (1961)

風と雲と砦

脚色 日本 (1961)

縞の背広の親分衆

原作 日本 (1961)

世界大戦争

脚本 日本 (1961)

妻あり子あり友ありて

脚色 日本 (1961)

東京夜話

脚色 日本 (1961)

舞妓の上京

原作 日本 (1961)

猟銃

脚色 日本 (1961)

「赤坂の姉妹」より 夜の肌

脚色 日本 (1960)

女経

脚本 日本 (1960)

珍品堂主人

脚色 日本 (1960)

「通夜の客」より わが愛

脚色 日本 (1960)

天下の大泥棒 白浪五人男

脚本 日本 (1960)

炎の城

脚本 日本 (1960)

ぼく東綺譚(1960)

脚色 日本 (1960)

愛の鐘

脚本 日本 (1959)

暗夜行路('59)

脚色 日本 (1959)

硫黄島('59)

脚色 日本 (1959)

細雪(1959)

脚色 日本 (1959)

男性飼育法

脚本 日本 (1959)

日本誕生

脚本 日本 (1959)

花のれん

脚色 日本 (1959)

伊那の勘太郎(1958)

原作 日本 (1958)

大阪の女

原作 日本 (1958)

喜劇 駅前旅館

脚色 日本 (1958)

季節風の彼方に

脚色 日本 (1958)

人生劇場 青春篇

構成 日本 (1958)

絶唱('58)

脚色 日本 (1958)

つづり方兄妹

脚色 日本 (1958)

暖簾

脚色 日本 (1958)

螢火

脚色 日本 (1958)

負ケラレマセン勝ツマデハ

脚色 日本 (1958)

「廓」より 無法一代

脚色 日本 (1957)

最後の脱走

脚色 日本 (1957)

青雲の鬼

脚色 日本 (1957)

智恵子抄(’57)

脚本 日本 (1957)

女体は哀しく

脚色 日本 (1957)

裸の町('57)

脚色 日本 (1957)

爆音と大地

脚色 日本 (1957)

挽歌('57)

脚色 日本 (1957)

白夜の妖女

脚色 日本 (1957)

忘却の花びら

脚色 日本 (1957)

忘却の花びら(完結篇)

脚本 日本 (1957)

夕凪

脚本 日本 (1957)

雪国(’57)

脚色 日本 (1957)

りんどう鴉

構成 日本 (1957)

あばれ鳶

脚本 日本 (1956)

オテナの塔 後篇

脚色 日本 (1956)

君を愛す

脚色 日本 (1956)

好人物の夫婦

脚色 日本 (1956)

台風騒動記

脚色 日本 (1956)

虹いくたび

脚色 日本 (1956)

猫と庄造と二人のをんな

脚色 日本 (1956)

薔薇の絋道館

脚色 日本 (1956)

白夫人の妖恋

脚色 日本 (1956)

乱菊物語

脚色 日本 (1956)

わが町

脚色 日本 (1956)

暁の合唱(1955)

脚本 日本 (1955)

市川馬五郎一座顛末記 浮草日記

脚色 日本 (1955)

応仁絵巻 吉野の盗賊

脚色 日本 (1955)

オテナの塔 前篇

脚色 日本 (1955)

恋天狗

脚本 日本 (1955)

七人の兄いもうと

脚色 日本 (1955)

修禅寺物語

脚色 日本 (1955)

「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る

脚本 日本 (1955)

たけくらべ(1955)

脚本 日本 (1955)

美男お小姓 人斬り彦斎

脚本 日本 (1955)

風雪講道館

脚本 日本 (1955)

夫婦善哉

脚色 日本 (1955)

娘の人生案内

脚本 日本 (1955)

森蘭丸

脚本 日本 (1955)

雪の炎

脚色 日本 (1955)

浪曲天狗道場

脚本 日本 (1955)

暁の三十八番斬り

脚色 日本 (1954)

或る女(1954)

脚色 日本 (1954)

浮かれ狐千本桜

脚本 日本 (1954)

大阪の宿

脚色 日本 (1954)

お坊主天狗 後篇

脚色 日本 (1954)

お坊主天狗 前篇

脚色 日本 (1954)

からたちの花(1954)

脚色 日本 (1954)

学生心中

脚色 日本 (1954)

この恋!五千万円

脚色 日本 (1954)

勝敗

脚本 日本 (1954)

素浪人日和

脚色 日本 (1954)

銭形平次捕物控 幽霊大名

脚色 日本 (1954)

宝さがし百万両

脚本 日本 (1954)

月よりの使者(1954)

脚本 日本 (1954)

初笑い寛永御前試合

脚本 日本 (1954)

花吹雪御存じ七人男

脚本 日本 (1954)

ハワイ珍道中

脚本 日本 (1954)

ひよどり草紙(1954)

脚色 日本 (1954)

変化大名 正・続篇

脚色 日本 (1954)

落語シリーズ 第二話 夏祭り落語長屋

脚本 日本 (1954)

朝焼け富士(後篇)

脚本 日本 (1953)

朝焼け富士(前篇)

脚色 日本 (1953)

アジャパー天国

脚色 日本 (1953)

アチャコ青春手帳第三話 まごころ先生の巻

脚本 日本 (1953)

あっぱれ五人男

脚本 日本 (1953)

あばれ獅子

脚色 日本 (1953)

韋駄天記者

脚色 日本 (1953)

腕くらべ千両役者

脚本 日本 (1953)

怪盗火の玉小僧

脚本 日本 (1953)

かっぱ六銃士

脚本 日本 (1953)

勢揃い 大江戸六人衆

脚本 日本 (1953)

戦艦大和

脚色 日本 (1953)

総理大臣の恋文

脚色 日本 (1953)

チャタレー夫人は日本にもいた

脚色 日本 (1953)

珍説忠臣蔵

脚本 日本 (1953)

亭主の祭典

脚色 日本 (1953)

トコ春じゃもの

脚本 日本 (1953)

花の生涯

脚色 日本 (1953)

花吹く風

脚本 日本 (1953)

母の瞳(1953)

脚本 日本 (1953)

母の瞳(1953)

原作 日本 (1953)

ひばり捕物帖 唄祭り八百八町

脚本 日本 (1953)

抱擁(1953)

原案 日本 (1953)

無法者(1953)

脚色 日本 (1953)

早稲田大学

脚色 日本 (1953)

嵐の中の母

脚本 日本 (1952)

牛若丸

脚本 日本 (1952)

歌くらべ荒神山

脚本 日本 (1952)

歌くらべ青春三銃士

脚本 日本 (1952)

お国と五平

脚本 日本 (1952)

勘太郎月夜唄

脚本 日本 (1952)

群狼の街

脚本 日本 (1952)

底抜け青春音頭

脚本 日本 (1952)

トンチンカン捕物帳 まぼろしの女

脚本 日本 (1952)

トンチンカン三つの歌

脚本 日本 (1952)

母山彦

脚本 日本 (1952)

ひばり姫初夢道中

脚本 日本 (1952)

娘十八びっくり天国

脚本 日本 (1952)

霧笛(1952)

脚本 日本 (1952)

モンテンルパの夜は更けて

原作 日本 (1952)

モンテンルパの夜は更けて

脚色 日本 (1952)

江の島悲歌

脚本 日本 (1951)

女ごころ誰か知る

脚色 日本 (1951)

宝塚夫人

脚本 日本 (1951)

東京河童まつり

脚本 日本 (1951)

とんぼ返り道中

脚本 日本 (1951)

奴隷の街

脚本 日本 (1951)

のど自慢三羽烏

原作 日本 (1951)

袴だれ保輔

脚本 日本 (1951)

母子船

脚本 日本 (1951)

炎の肌

脚本 日本 (1951)

無国籍者

脚本 日本 (1951)

愛染香

脚色 日本 (1950)

憧れのハワイ航路

脚色 日本 (1950)

いれずみ判官(1950)

脚本 日本 (1950)

エノケンの天一坊

脚本 日本 (1950)

女の四季

脚本 日本 (1950)

傷だらけの男

脚本 日本 (1950)

黒い花

脚色 日本 (1950)

細雪(’50)

脚本 日本 (1950)

白雪先生と子供たち

脚本 日本 (1950)

新粧五人女

脚本 日本 (1950)

城ケ島の雨(1950)

脚本 日本 (1950)

続向う三軒両隣り 恋の三毛猫

脚本 日本 (1950)

続向う三軒両隣り 恋の三毛猫

原作 日本 (1950)

続向う三軒両隣り どんぐり歌合戦

脚本 日本 (1950)

続向う三軒両隣り どんぐり歌合戦

原作 日本 (1950)

白昼の決闘(1950)

脚本 日本 (1950)

また逢う日まで

脚本 日本 (1950)

あきれた娘たち

脚本 日本 (1949)

おどろき一家

脚色 日本 (1949)

面影三四郎

脚本 日本 (1949)

女の一生(1949)

脚本 日本 (1949)

女の闘い

脚本 日本 (1949)

新妻会議

脚本 日本 (1949)

のど自慢狂時代

脚本 日本 (1949)

花の日月

脚本 日本 (1949)

びっくり五人男

脚本 日本 (1949)

無頼漢長兵衞

脚本 日本 (1949)

嫁入聟取花合戦

脚本 日本 (1949)

歌うエノケン捕物帳

脚本 日本 (1948)

小判鮫・後篇

脚本 日本 (1948)

小判鮫・前篇

脚本 日本 (1948)

続向う三軒両隣り スタコラ人生の巻

脚本 日本 (1948)

続向う三軒両隣り スタコラ人生の巻

原作 日本 (1948)

タヌキ紳士登場

脚本 日本 (1948)

花ひらく(’48)

脚色 日本 (1948)

向う三軒両隣り

脚色 日本 (1948)

向う三軒両隣り

原作 日本 (1948)

野球狂時代

脚色 日本 (1948)

浮世も天国

脚色 日本 (1947)

戦争と平和('47)

脚本 日本 (1947)

地下街二十四時間

脚本 日本 (1947)

春の目ざめ(1947)

脚本 日本 (1947)

ぼんぼん(1947)

脚色 日本 (1947)

四つの恋の物語(1947)

脚本 日本 (1947)

霧の夜ばなし

脚本 日本 (1946)

十一人の女学生

脚本 日本 (1946)

民衆の敵(1946)

脚本 日本 (1946)

麗人

脚本 日本 (1946)

歌へ!太陽(1945)

脚色 日本 (1945)

希望の女

脚本 日本 (0)

妻と女の間

脚本 日本 (1976)

吾輩は猫である

脚本 日本 (1975)

ノストラダムスの大予言

脚本 日本 (1974)

商魂一代 天下の暴れん坊

脚本 日本 (1970)

日本海大海戦

脚本 日本 (1969)

喜劇 駅前百年

脚本 日本 (1967)

喜劇 陽気な未亡人

脚本 日本 (1964)

ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗

脚本 日本 (1964)

新・夫婦善哉

脚本 日本 (1963)

忠臣蔵 花の巻・雪の巻

脚本 日本 (1962)

世界大戦争

脚本 日本 (1961)

女経

脚本 日本 (1960)

天下の大泥棒 白浪五人男

脚本 日本 (1960)

炎の城

脚本 日本 (1960)

愛の鐘

脚本 日本 (1959)

男性飼育法

脚本 日本 (1959)

日本誕生

脚本 日本 (1959)

智恵子抄(’57)

脚本 日本 (1957)

忘却の花びら(完結篇)

脚本 日本 (1957)

夕凪

脚本 日本 (1957)

あばれ鳶

脚本 日本 (1956)

暁の合唱(1955)

脚本 日本 (1955)

恋天狗

脚本 日本 (1955)

「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る

脚本 日本 (1955)

たけくらべ(1955)

脚本 日本 (1955)

美男お小姓 人斬り彦斎

脚本 日本 (1955)

風雪講道館

脚本 日本 (1955)

娘の人生案内

脚本 日本 (1955)

森蘭丸

脚本 日本 (1955)

浪曲天狗道場

脚本 日本 (1955)

浮かれ狐千本桜

脚本 日本 (1954)

勝敗

脚本 日本 (1954)

宝さがし百万両

脚本 日本 (1954)

月よりの使者(1954)

脚本 日本 (1954)

初笑い寛永御前試合

脚本 日本 (1954)

花吹雪御存じ七人男

脚本 日本 (1954)

ハワイ珍道中

脚本 日本 (1954)

落語シリーズ 第二話 夏祭り落語長屋

脚本 日本 (1954)

朝焼け富士(後篇)

脚本 日本 (1953)

アチャコ青春手帳第三話 まごころ先生の巻

脚本 日本 (1953)

あっぱれ五人男

脚本 日本 (1953)

腕くらべ千両役者

脚本 日本 (1953)

怪盗火の玉小僧

脚本 日本 (1953)

かっぱ六銃士

脚本 日本 (1953)

勢揃い 大江戸六人衆

脚本 日本 (1953)

珍説忠臣蔵

脚本 日本 (1953)

トコ春じゃもの

脚本 日本 (1953)

花吹く風

脚本 日本 (1953)

母の瞳(1953)

脚本 日本 (1953)

ひばり捕物帖 唄祭り八百八町

脚本 日本 (1953)

嵐の中の母

脚本 日本 (1952)

牛若丸

脚本 日本 (1952)

歌くらべ荒神山

脚本 日本 (1952)

歌くらべ青春三銃士

脚本 日本 (1952)

お国と五平

脚本 日本 (1952)

勘太郎月夜唄

脚本 日本 (1952)

群狼の街

脚本 日本 (1952)

底抜け青春音頭

脚本 日本 (1952)

トンチンカン捕物帳 まぼろしの女

脚本 日本 (1952)

トンチンカン三つの歌

脚本 日本 (1952)

母山彦

脚本 日本 (1952)

ひばり姫初夢道中

脚本 日本 (1952)

娘十八びっくり天国

脚本 日本 (1952)

霧笛(1952)

脚本 日本 (1952)

江の島悲歌

脚本 日本 (1951)

宝塚夫人

脚本 日本 (1951)

東京河童まつり

脚本 日本 (1951)

とんぼ返り道中

脚本 日本 (1951)

奴隷の街

脚本 日本 (1951)

袴だれ保輔

脚本 日本 (1951)

母子船

脚本 日本 (1951)

炎の肌

脚本 日本 (1951)

無国籍者

脚本 日本 (1951)

いれずみ判官(1950)

脚本 日本 (1950)

エノケンの天一坊

脚本 日本 (1950)

女の四季

脚本 日本 (1950)

傷だらけの男

脚本 日本 (1950)

細雪(’50)

脚本 日本 (1950)

白雪先生と子供たち

脚本 日本 (1950)

新粧五人女

脚本 日本 (1950)

城ケ島の雨(1950)

脚本 日本 (1950)

続向う三軒両隣り 恋の三毛猫

脚本 日本 (1950)

続向う三軒両隣り どんぐり歌合戦

脚本 日本 (1950)

白昼の決闘(1950)

脚本 日本 (1950)

また逢う日まで

脚本 日本 (1950)

あきれた娘たち

脚本 日本 (1949)

面影三四郎

脚本 日本 (1949)

女の一生(1949)

脚本 日本 (1949)

女の闘い

脚本 日本 (1949)

新妻会議

脚本 日本 (1949)

のど自慢狂時代

脚本 日本 (1949)

花の日月

脚本 日本 (1949)

びっくり五人男

脚本 日本 (1949)

無頼漢長兵衞

脚本 日本 (1949)

嫁入聟取花合戦

脚本 日本 (1949)

歌うエノケン捕物帳

脚本 日本 (1948)

小判鮫・後篇

脚本 日本 (1948)

小判鮫・前篇

脚本 日本 (1948)

続向う三軒両隣り スタコラ人生の巻

脚本 日本 (1948)

タヌキ紳士登場

脚本 日本 (1948)

戦争と平和('47)

脚本 日本 (1947)

地下街二十四時間

脚本 日本 (1947)

春の目ざめ(1947)

脚本 日本 (1947)

四つの恋の物語(1947)

脚本 日本 (1947)

霧の夜ばなし

脚本 日本 (1946)

十一人の女学生

脚本 日本 (1946)

民衆の敵(1946)

脚本 日本 (1946)

麗人

脚本 日本 (1946)

希望の女

脚本 日本 (0)

地獄変

脚色 日本 (1969)

斜陽のおもかげ

脚色 日本 (1967)

雪の喪章

脚色 日本 (1967)

大工太平記

脚色 日本 (1965)

波影

脚色 日本 (1965)

四谷怪談(’65)

脚色 日本 (1965)

出撃

脚色 日本 (1964)

日本名勝負物語 講道館の鷲

脚色 日本 (1964)

台所太平記

脚色 日本 (1963)

憂愁平野

脚色 日本 (1963)

明日ある限り

脚色 日本 (1962)

如何なる星の下に

脚色 日本 (1962)

女の一生('62)

脚色 日本 (1962)

どぶろくの辰

脚色 日本 (1962)

愛情の系譜

脚色 日本 (1961)

風と雲と砦

脚色 日本 (1961)

妻あり子あり友ありて

脚色 日本 (1961)

東京夜話

脚色 日本 (1961)

猟銃

脚色 日本 (1961)

「赤坂の姉妹」より 夜の肌

脚色 日本 (1960)

珍品堂主人

脚色 日本 (1960)

「通夜の客」より わが愛

脚色 日本 (1960)

ぼく東綺譚(1960)

脚色 日本 (1960)

暗夜行路('59)

脚色 日本 (1959)

硫黄島('59)

脚色 日本 (1959)

細雪(1959)

脚色 日本 (1959)

花のれん

脚色 日本 (1959)

喜劇 駅前旅館

脚色 日本 (1958)

季節風の彼方に

脚色 日本 (1958)

絶唱('58)

脚色 日本 (1958)

つづり方兄妹

脚色 日本 (1958)

暖簾

脚色 日本 (1958)

螢火

脚色 日本 (1958)

負ケラレマセン勝ツマデハ

脚色 日本 (1958)

「廓」より 無法一代

脚色 日本 (1957)

最後の脱走

脚色 日本 (1957)

青雲の鬼

脚色 日本 (1957)

女体は哀しく

脚色 日本 (1957)

裸の町('57)

脚色 日本 (1957)

爆音と大地

脚色 日本 (1957)

挽歌('57)

脚色 日本 (1957)

白夜の妖女

脚色 日本 (1957)

忘却の花びら

脚色 日本 (1957)

雪国(’57)

脚色 日本 (1957)

オテナの塔 後篇

脚色 日本 (1956)

君を愛す

脚色 日本 (1956)

好人物の夫婦

脚色 日本 (1956)

台風騒動記

脚色 日本 (1956)

虹いくたび

脚色 日本 (1956)

猫と庄造と二人のをんな

脚色 日本 (1956)

薔薇の絋道館

脚色 日本 (1956)

白夫人の妖恋

脚色 日本 (1956)

乱菊物語

脚色 日本 (1956)

わが町

脚色 日本 (1956)

市川馬五郎一座顛末記 浮草日記

脚色 日本 (1955)

応仁絵巻 吉野の盗賊

脚色 日本 (1955)

オテナの塔 前篇

脚色 日本 (1955)

七人の兄いもうと

脚色 日本 (1955)

修禅寺物語

脚色 日本 (1955)

夫婦善哉

脚色 日本 (1955)

雪の炎

脚色 日本 (1955)

暁の三十八番斬り

脚色 日本 (1954)

或る女(1954)

脚色 日本 (1954)

大阪の宿

脚色 日本 (1954)

お坊主天狗 後篇

脚色 日本 (1954)

お坊主天狗 前篇

脚色 日本 (1954)

からたちの花(1954)

脚色 日本 (1954)

学生心中

脚色 日本 (1954)

この恋!五千万円

脚色 日本 (1954)

素浪人日和

脚色 日本 (1954)

銭形平次捕物控 幽霊大名

脚色 日本 (1954)

ひよどり草紙(1954)

脚色 日本 (1954)

変化大名 正・続篇

脚色 日本 (1954)

朝焼け富士(前篇)

脚色 日本 (1953)

アジャパー天国

脚色 日本 (1953)

あばれ獅子

脚色 日本 (1953)

韋駄天記者

脚色 日本 (1953)

戦艦大和

脚色 日本 (1953)

総理大臣の恋文

脚色 日本 (1953)

チャタレー夫人は日本にもいた

脚色 日本 (1953)

亭主の祭典

脚色 日本 (1953)

花の生涯

脚色 日本 (1953)

無法者(1953)

脚色 日本 (1953)

早稲田大学

脚色 日本 (1953)

モンテンルパの夜は更けて

脚色 日本 (1952)

女ごころ誰か知る

脚色 日本 (1951)

愛染香

脚色 日本 (1950)

憧れのハワイ航路

脚色 日本 (1950)

黒い花

脚色 日本 (1950)

おどろき一家

脚色 日本 (1949)

花ひらく(’48)

脚色 日本 (1948)

向う三軒両隣り

脚色 日本 (1948)

野球狂時代

脚色 日本 (1948)

浮世も天国

脚色 日本 (1947)

ぼんぼん(1947)

脚色 日本 (1947)

歌へ!太陽(1945)

脚色 日本 (1945)