作品 映画館 ニュース

阪本順治監督最新作『闇の子供たち』披露試写会

2008.03.24

出席者:阪本順治監督
阪本順治監督最新作『闇の子供たち』披露試写会
3月21日、梁石日による同名長編小説を映画化した阪本順治監督最新作『闇の子供たち』の披露試写会が開かれ、開映前には、多くの著名人やマスコミ関係者で満員の客席に向けて阪本順治監督の舞台挨拶が行われた。


_____________________________________
児童売買春や臓器密売という、タイで横行する現実を描いた映画の内容について阪本順治監督は「映画は、日陰、暗闇にあるものに光を当て、浮かび上がらせるものだと思っています。この作品は、いつか光を当てないといけなかった闇を描いていますが、それは、戦争や環境問題、いじめなど今世界中に起こっている出来事に共通する、すべての根っこになっている問題だと思っています。『闇の子供たち』は、ただタイの問題だけを告発するためにつくった作品ではなく、日本人に興味をもってつくったものです」
キャストにはこの企画に賛同した江口洋介、宮﨑あおい、妻夫木聡、佐藤浩市といった、まさに人気と実力を兼ね備えた豪華な俳優たちが顔を連ね、主題歌は日本を代表するトップアーティストである桑田佳祐が本作に共感し、「現代東京奇譚」を書き下ろしたことも大きな話題を呼んでいるが、
阪本監督は「決して癒される作品ではありませんが、もしこの作品を観て心に響いたものがあれば、皆様にとっていい事件の日になってもらえることを願います」と壇上からメッセージを送った。『闇の子供たち』は夏休みにシネマライズほかで公開される。
_____________________________________
あらすじ
人はお金では買えない。しかし人間の傲慢さと欲望の代償として、幼児売買、臓器密売など、罪のない幼い子供たちが安易に金銭取引されている…。タイ在住の新聞記者・南部(江口洋介)は、NGO職員・音羽(宮﨑あおい)とフリーカメラマン・与田(妻夫木聡)の協力を得て取材を開始する。横行するタイの「闇」。しかし、事実を暴き、虐げられる「闇の子供たち」を救おうともがくほどに、残酷な現実が立ちはだかるのだった…。
『闇の子供たち』
監督・脚本:阪本順治
原作:梁 石日「闇の子供たち」幻冬舎文庫刊
出演:江口洋介、宮﨑あおい、妻夫木聡、佐藤浩市 ほか
劇場:夏休みシネマライズほかにてロードショー
主題歌:桑田佳祐「現代東京奇譚」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
公式HP:www.yami-kodomo.jp