作品 映画館 ニュース

マツケン誕生日に「L change the WorLd」25億円突破!

2008.03.06

3月5日(水)、松山ケンイチ誕生日に、主演映画『L change the WorLd』が観客動員200万人、興行収入25億円を突破!! 2008年の洋・邦画含む一番乗り記録で、誕生日を祝福!
2月9日(土)に全国398スクリーンで一斉公開し、大ヒット公開中の映画『L change the WorLd』が、昨日の3月4日の段階で、観客動員199万8196人、興行収入24億8119万5350円を達成し、本日3月5日(水)には、観客動員200万人、興行収入25億円を突破することが分った。観客動員200万人、興行収入25億円を超える作品は、今年公開された邦画、洋画すべての作品の中で初めての作品となる。
そして、本日は、主演の松山ケンイチ23回目となる誕生日でもあり、まさに自分の記念日を、主演映画の大ヒットという二重の大きな祝い事で祝福された形だ。


_____________________________________
2006年6月17日に公開された前編『デスノート』(観客動員224万9832人、興行収入28億2445万円)と、同年11月3日に公開された後編『デスノート the Last name』(観客動員418万2705人、興行収入51億8199万円)とのシリーズ合計で、総興行収入は105億円を突破。『L change the WorLd』は春休みシーズンの成績も期待されており、これからはシリーズ合計で総観客動員1000万人という次の大台を目指す。
<松山ケンイチ・コメント>
“『デスノート』同様、たくさんの方に観ていただいて
非常にうれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。
ただ、次の作品ではこの記録を超えたいと思います!”
<中田秀夫監督より、松山ケンイチへの誕生日お祝いコメント>
“松山クン、誕生日おめでとう!23回目なんて、僕のまだ半分かあ、羨ましい!
これからも、新しい役でいろんな色に光り輝く多面体の魅力を見せてください。
丑年仲間として、また近い将来にタッグが組めるように、私もアイディア練っておきます!”