作品 映画館 ニュース

『母べえ』浅野忠信 インタビュー

2008.01.18

“今までに演じたことのない役柄です”浅野忠信 インタビュー
出席者:浅野忠信
『母べえ』浅野忠信 インタビュー
太平洋戦争直前の昭和15年の東京。治安維持法違反で夫が逮捕されながらも、信念を持って困難に立ち向かって暮らしていく母・佳代と幼い二人の娘、そして、彼女たちを支える周囲の人々の姿を描いた人間ドラマ『母べえ』
山田洋次監督最新作となる本作には、吉永小百合を筆頭に日本が誇る実力派俳優が集結。今回は逮捕された夫の教え子で、留守家族を支える気の良い青年・山ちゃんを演じた浅野忠信さんにお話をお聞きしました。


_____________________________________
山田組は初参加ですが、如何でしたか?
■浅野忠信(以下、浅野)「とても面白かったです。山田洋次監督は僕に出来ることや、今までやらなかったことにたくさん挑戦させてくれました。ですから、僕も気持ちがどんどん乗っていきましたし、自分の可能性を感じることが出来ました」
聞くところによると、山田組の現場は物凄い緊張感があるそうですね
■浅野「そうですね。でも物作りを真剣にやっていれば、当たり前のように出てくる緊迫感だったので、心地よかったです」
演じられた山崎徹こと山ちゃんはどんなキャラクターだと思いましたか?
■浅野「脚本を読んだ時点では、とても面白くて良いなと思ったのですが、今まで自分が演じたことのないような役柄だったので、どう演じるべきなのか悩みました。山田監督に“僕で良いんですか?今までやったことのない役ですし、出来るかどうか不安です”と伝えたら、“だから君に頼んだんだよ!”と言われまして、よし頑張ろう!と思いました」
では役作りに際して、山田監督とかなりディスカッションを重ねられたのですね?
■浅野「最初の本読みで山田監督からいろいろとアイディアを頂きまして、それを家に持ち帰って練習しました」
具体的にどのような練習を?
■浅野「耳の遠い役なので、セリフを大きな声ではっきりとしゃべってみたりしました」
確かに山ちゃんは声大きかったですね。そんな今まで演じたことのない役柄を演じきってみてのご感想は?
■浅野「最大限の力を出して取り組ませて頂きました。山田監督からもたくさんアドバイスを頂きました。あれが限界だと思うので、やりきった感はとてもあります」
山田監督から何かお声掛けはありましたか?
■浅野「撮影終了時に“本当に良い時間を過ごすことが出来たよ”と仰って頂けたので、良かったです」
続きまして、山ちゃんの心の機微についてですが、吉永小百合さん演じる母べえこと野上佳代さんに対して、どのような感情を抱いていたと思いますか?
■浅野「やはり恋愛感情を持っていたと思います。真面目に家族と接し、明るく生きている女性を間近に見たら、いけないと思っても惹かれると思います」
佳代こと母べえを演じた吉永小百合さんとの共演は如何だったでしょうか?
■浅野「失礼な言い方になるかもしれませんが、一緒にいて居心地が良かったですね。変な緊張感がなく、素敵だなと思いました」
演技を合わせてみて如何でしたか?
■浅野「お母さんに成り切っていたので、母べえにしか見えなかったですね。お陰でこちらもすんなりとその世界に入っていけました」
浅野さんにとっての母親像は?
■浅野「自分自身を作ってくれる人ですね。特に小さい頃ですね。人格形成において欠かせない存在です」
作品を見てなにを感じましたか?
■浅野「家族それぞれの役割を発見しました。家族で培ったものを世間に出たときに活かすことを、本作品で学んだような気がします。どんな状況においても家族や家族に値する大切な人たちとのコミュニケーションは大切ですし、何事も前向きに物事を乗り越えていかなくてはと思いました」
浅野さんにとって家族とは?
■浅野「身近過ぎて気が付かないことが多いですが、ありのままの自分を出せて、且つ見てもらえる人たちですね」
本作に関わってから、ご自身の家族との接し方は変りましたか?
■浅野「家族に対して、自分が出来ることは諦めずにやらなくてはいけないと思いました」
多くの作品に出演していますが、選ぶ基準は?
■浅野「監督と脚本は気になりますね」
具体的に惹かれる内容やキャラクターはありますか?
■浅野「その時々によって違います。常に変り続けています」
演じる際に気を付けていることはありますか?
■浅野「現場の雰囲気を良く掴んで、対応することが重要だと考えています」
緊張はしますか?
■浅野「現場によってはしますね」
これだけのキャリアがあっても緊張するんですか?
■浅野「昔は緊張しなかったのですが、最近、緊張するようになりました。昔は何も見えていなかったからかもしれません」
ちょっと意外ですね。では俳優業の魅力は?
■浅野「実生活が全部活かせる仕事だという点ですね。どんなに落ち込んだり、だらしなく生きていても、そういう役が回ってきたときに活かせば良い。自分の人生に無駄がないと感じることが出来ます」
自分の実体験にはないような役の場合は?
■浅野「想像でしかないのですが、小さい頃に見たおかしな番組やアニメを思い出したり、変った友達を参考にしたりします」
今後の抱負は?
■浅野「今までやってきたような役をやり続けたいですね」
超大作への出演とかは?
■浅野「やらしていただけるのなら幾らでも!」
では最後にメッセージをお願い致します
■浅野「真剣に取り組んで、新たな挑戦をさせてもらった作品です。この作品を通じて家族や家族に値する人たちとの関係を、改めて見直して頂ける機会になればと思います。是非、劇場へ足をお運びください」
_____________________________________
『母べえ』
公開日:2008年01月26日
劇場情報:丸の内ピカデリー2ほか全国にて
配給会社:松竹
公式HP:http://www.kaabee.jp/
(C)2007「母べえ」製作委員会
スタイリスト:中本大介(es*QUISSE)/JOURNAL STANDARD/ヘアメイク:ShinYa for SHINYA salon(AVGVST)
取材・文:伊藤P