作品 映画館 ニュース

『ぜんぶ、フィデルのせい』ニナ・ケルヴェル&監督 インタビュー

2008.01.11

“仏頂面が可愛い小さなヒロイン”ニナ・ケルヴェル 名匠コスタ・ガヴラスの実娘 ジュリー・ガヴラス監督”
出席者:ニナ・ケルヴェル&ジュリー・カヴラス監督
ニナ&ジュリー
1970年フランス、パリ。弁護士のパパ(ステファノ・アコルシ)と女性誌の記者のママ(ジュリー・ドパルデュー)、やんちゃな弟フランソワたちと優雅に楽しく暮らしていた少女アンナ。ところがパパとママが共産主義に目覚め、アンナの生活は一変。不満だらけの毎日に。こんなことになったのは、ぜんぶ、フィデル・カストロのせい!?
激動の70年代フランスと、ちょっぴり理不尽に見える大人たちの変化を、9歳の少女の目を通してコミカルに描いた『ぜんぶ、フィデルのせい』
仏頂面で不満をぶつけまくるけど、とってもキュートなアンナを演じたニナ・ケルヴェルと、『Z』『ミッシング』を手がけた名匠コスタ・ガヴラスの実の娘であり、本作を監督したジュリー・ガヴラスにお話をお聞きしました。


_____________________________________
日本は如何ですか?
■ジュリー・ガヴラス監督(以下、ジュリー監督)「来たばかりでホテルの周辺しか見ていないのですが、今のところ気に入っています。もっと滞在期間が長くなれば良いのですが。。。」
■ニナ・ケルヴェル(以下、ニナ)「私も同じです。外に出ると人が多いし、ネオンも綺麗だし、音楽がいっぱいかかっていてとても良い感じです」
ニナ
この近辺(渋谷)はちょっと汚いんですよ。日本にはもっと綺麗なところがあるから、時間があったら訪れてください
■ニナ「パリよりはマシよ」
そうなんですか?意外ですね。さて、本題に入ります。ジュリー監督は何故、アンナ役にニナちゃんを選んだのでしょうか?
■ジュリー監督「アンナとフランソワの役者を決めるために、600人の子役と会いました。うちアンナ役は400人です。ニナを最初に見たときから演技が出来る子だと思いました。何度か来てもらって、自分の中にも確信が持て始めたのでニナを選びました」
ニナちゃんはなんで映画に出ようと思ったのですか?
■ニナ「学校で手紙を貰いました。その手紙はジュリー・ガヴラス監督が映画を撮るので、子供のキャスティングをしたいという内容でした。その手紙に一番反応したのはママでしたが、自分としても貴重な経験になると思ったから、出来るかどうかどうかわからないけど、オーディションを受けてみることにしました。選ばれたらラッキー程度の気持ちだったけど、初めてのオーディションでセリフをもらって演じて、最終的に私が選ばれました。凄く嬉しかったです」
仏頂面だけど可愛いというのがアンナ最大の特徴ですが、そう見えるように、どう顔をつくりましたか?
■ニナ「仏頂面は日常生活でもよくしているので、作るのはそれ程難しくなかったです。弟の手を握って逃げるシーンの方が、目に涙を浮かべながら、寂しさ、哀しさを表現しなくてはいけなかったので難しかったです」
ジュリー監督はニナちゃんの可愛らしい部分を撮る為に、何か特別な試みをしましたか?
■ジュリー監督「ニナを可愛く撮ろうとは思いませんでした。重要なのは可愛らしさよりも、物語の始めから終わりまでの成長を描くことです。最後には心を開いて、今までにない好奇心を発揮していくアンナの姿を見せることに努力しました」
ファッションがとても印象的でしたが、かなりこだわられたのでしょうか?
■ジュリー監督「衣装担当チーフと美術担当と打ち合わせをしました。衣装はその背景との調和も重要だからです。基本制服が基本だから、ニナは意外と簡単でした。両親の方が大変でした。両親もストーリーに合わせて変化していく様を、衣装で見せる必要があったからです。父親は最初弁護士なのでネクタイを締めたキチンとした格好ですが、段々とラフになっていきます。母親もクラシックな装いでしたが、最後の方では活発的に見えるような衣装になっています」
初めての撮影、楽しかったことはありますか?
■ニナ「支持していた人が選挙で勝ったという知らせを受けるシーンで、アンナと弟と従兄弟のピラルの3人は猫みたいに床の上で遊びます。その遊びが本当に楽しくて、撮影だということを忘れてしまいました。あと、パパとママが喧嘩している最中、アンナが突然歌を歌いだすシーンも楽しかったです」
ではニナちゃん。最後にこれから映画を見る方々にメッセージをお願い致します
■ニナ「まるで女王様のように広くて美しいところで暮らしていても、決してエゴイストになってはいけないと思います。みんなで助け合い、物事を分かち合うことは、大切なんだという所を見て欲しいです」
<プロフィール>
ニナ・ケルヴェル
1997年生まれ。本作が初の演技となる。
ジュリー・ガヴラス監督
1970年生まれ。コスタ・ガヴラスの実娘。フランスとイタリアで広告用映画、テレビドラマ、長編映画のアシスタントを務める。数本の短編とドキュメンタリー映画を製作。本作が初のフィクション長編映画となる。
_____________________________________
『ぜんぶ、フィデルのせい』
公開日:2008年01月19日
劇場情報:恵比寿ガーデンシネマほか全国にて順次公開
公式HP:http://www.fidel.jp/
取材・文:伊藤P