作品 映画館 ニュース

『シネマ歌舞伎』特集上映

2008.01.11

“演劇・映画の枠を超えた新しいエンターテインメント!”
_1
『野田版 鼠小僧』『坂東玉三郎 鷺娘』『京鹿子娘二人道成寺』、シネスイッチ銀座にて2月1日(金)より3作品一挙上映決定!シネマ歌舞伎とは、歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するという、松竹が開発した全く新しい映像作品です(映画ではありません)。2003年春より開発に着手し、第一弾として2003年8月歌舞伎座で上演された野田秀樹・作・演出の新作歌舞伎『野田版 鼠小僧』を撮影、試行錯誤の末、初のシネマ歌舞伎として完成、2005年1月東京・東銀座の東劇での公開を皮切りに、京都、札幌、大阪、埼玉、新潟、福岡、名古屋ほかの全国主要都市で上映、約3万人の観客のみなさんに大好評を博しました。また、同年9月には第43回ニューヨーク国際映画祭にも招待上映され、海外でも高い評価を得ています。
上映スケジュール
■Aプログラム『野田版 鼠小僧』(のだばん ねずみこぞう) 110分
現代演劇界を代表する才能の一人、野田秀樹が書き下ろし演出した超話題作。中村勘三郎、坂東三津五郎らの個性的な顔触れが大活躍。笑いあり、涙ありの大ヒット作。
■Bプログラム『京鹿子娘二人道成寺』(きょうかのこむすめににんどうじょうじ) 71分
上演時からすでに伝説となった、あのまばゆいばかりの華やかな世界に、さらに映像ならではの工夫を加え、まだ誰も見たことがない美の世界を創り上げました。
■Cプログラム『坂東玉三郎 鷺娘』(ばんどうたまさぶろうーさぎむすめ) 65分
舞踊の名手として世界的に名高い坂東玉三郎・圧倒的な美しさで魅了する「鷺娘」は、玉三郎の代表作の一つ。高性能HDカメラが細部まで捕らえた歌舞伎の美、女方の美を極限まで堪能できる一作です。
お問い合わせ先 
上映劇場:シネスイッチ銀座
TEL:03-3561-0707