作品 映画館 ニュース

『ミッドナイト イーグル』 初日舞台挨拶

2007.11.26

玉木宏は日々ふっくら? 大沢たかおが撮影秘話を語る!
日時:2007年11月23日(金)
場所:丸の内ピカデリー1
登壇者:大沢たかお、竹内結子、玉木宏、吉田栄作、石黒賢、藤竜也、佐原弘起(子役)、成島出(監督)
『ミッドナイト イーグル』 初日舞台挨拶
邦画史上最大スケールの山岳サスペンス・アクション映画、『ミッドナイト イーグル』
日本公開同日、邦画では過去にみない規模で、アメリカでも同時公開された。ワールドプレミアがアメリカ・ハリウッドのエジプシアンシアターで行われたほか、第20回東京国際映画祭のオープニング作品としても上映され、これまでに多くの話題を集めていた本作。その豪華キャストらと監督による初日舞台挨拶には、大勢のファンがつめかけた。
満員の客席を前に大沢は「この日のためにみんなで一丸となって撮影をしました。本当に嬉しいです」と感激の様子だった。


_____________________________________
上映後、舞台上に主要キャストらと成島出監督が登場。客席からは大きな拍手と黄色い声援が飛ぶ。
『ミッドナイト イーグル』  初日舞台挨拶■大沢たかお:「この作品は、今年の1月から3月まで、新潟や長野で撮影してきました。今日のこの日を迎えるために、スタッフみんなと一丸になってがんばってきました。今日は有難うございます」
■竹内結子:「今朝、他の方々より早くこちらに到着したんですが、この作品を見るために朝早くからチケット売り場で並んでいる方々の笑顔を見て、この作品に出て本当に良かったな、と感じました」
■佐原弘起:「ボクは『ミッドナイト イーグル』に出られてとても嬉しいです。またお友達と見に来てください」
■玉木宏:「今日の日のためにがんばってきたので、この日を迎えられて嬉しいです」
■吉田栄作:「朝早くからありがとうございます。ここにいるみなさん、監督、そしてスタッフの努力で、日本映画がまた一歩前に進んだのではないかと思います。是非、周りの方にもこの映画を広めてください」
■石黒賢:「アメリカでの公開も嬉しいですが、今日こうやってみなさんの笑顔を見ることができて本当に嬉しいです」
■藤竜也:「今日を迎えられて嬉しいです。ありがとうございました」
■成島出監督:「この作品は大勢のスタッフで作られたものです。今日この日を迎えられたことを、この場をお借りして、この映画に携わった方々にお礼を言いたいです」
『ミッドナイト イーグル』  初日舞台挨拶大沢たかおさん、一番印象に残っている撮影エピソードは?
■大沢:「僕や玉木くん、吉田さんはほとんどが雪山での撮影で、エピソードというと、ついつい寒さ自慢をしたくなるんですが、寒さ自慢はもう飽きたと言われたので別の話をします(笑)。現場でも映画を観ても気になったことなんですが、玉木くんが、日々ふっくらしていくんです。それが印象に残っていますね」
■玉木:「いやぁ、自然と太っていきましたね。スタッフの方が食事をたくさん用意してくださって、一日に6食とか7食ぐらい食べていたら、自分だけぶくぶくと太っていきました。今よりも10キロぐらい太ってましたね。だから僕は雪山でも暖かかったです(笑)」
竹内裕子さん、印象に残っていることは?
■竹内:「映画が海外でも上映されるということで、初めてロスに行った事ですね。外国の方にも受け入れられて、とても光栄に思います」
佐原くんはどうですか?
■佐原:「パパ(大沢たかお)とサヨナラするところで寂しくて、本当にうるうるしちゃったことです。」
『ミッドナイト イーグル』  初日舞台挨拶パパのどんなところが好き?
■佐原:「…………。(大沢に後ろから耳打ちされて)かっこよくてやさしくて、男としてだいすきです(笑)」
玉木さんの撮影中の印象に残るエピソードは?
■玉木:「僕は太っていたあげく、NGを何回も出したんです。大沢さんがお菓子を食べるシーンがあるんですが、僕がNGを連発して、3箱以上食べさせてしまいました」
■大沢:「大事な最後の一言で間違えるんですよ。わざとだろうな、と思いました(笑)。僕は玉木くんと違って自己管理ができているので太りませんでしたけどね」
■玉木:「撮影以外では、近くにおいしいへぎそば屋があって大沢さんにごちそうになったことですかね。ってまた食べる話ですね(笑)。吉田さんからは、お酒をごちそうになりましたね」
吉田さん、撮影で大変だったことは?
■吉田:「ものすごく寒いのにしゃべらなきゃいけない、目を開けてなきゃいけない、っていうのが一番つらかったですね。大体撮影は朝4時5時までやっていて、帰るとまずお風呂にゆっくり入って温まって、柔軟して、タイガーバームを体に塗って、しっかり自己管理して(笑)、過ごしました」
『ミッドナイト イーグル』  初日舞台挨拶石黒さんの撮影中の印象的なエピソードは?
■石黒:「僕は好きなセリフがたくさんあるんですが、その中でも“まぁまぁまぁまぁ”というのがあって、これはどういう“まぁまぁまぁまぁ”ですかね、って監督に聞くと、『文学が好きで学生運動に参加したことがあり、公安に知り合いがいながら部下の尻拭いをすべて請け負う、という器の大きい“まぁまぁまぁまぁ”です』、とおっしゃるんです。ハテナが3つぐらい頭に浮かびましたね。成島監督は、そうやっていつも僕や結子ちゃんを困らせてくれて、でもそれがいいプレッシャーとなって楽しく演じることができました」
藤さん、何か印象に残っていることは?
■藤:「ないんです。みなさんいろいろ苦労されて撮影されているんだけど、僕は立派な椅子に座ってるだけですから、あまりエピソードがないんです。強いて言えば、一つ不満があります。おにぎりを食べるシーンがあったんですが、僕は絶対白い握り飯だと思ってたのに、海苔でまっくろで、がっかりしました。映画の中では、すごくまずそうに食べていると思います」
監督、撮影全体はいかがでしたか?
■監督:「最初に脚本を読んだとき、すごく難しいなと思って、現場に入るまであまり自信がありませんでした。しかしながら、ここにいる名優の方たちが本当にがんばって、それぞれ難しい役柄をしっかり演じきって下さり、現場で感動しながら撮る、という初めての貴重な経験をさせていただきました」
最後に大沢たかおさんより、観客のみなさまへメッセージを!
■大沢:「普通の映画とは違って、現場だけでもスタッフを含め100人を越える大人数の人間で、この映画を撮ってきました。それぞれがそれぞれの思いを胸に、映画に息吹を吹き込んだ作品です。観ていただいたみなさんが、その中の一つでも感じ、持ち帰っていただけたら嬉しく思います。今日は本当にありがとうございました」
最後に満員の客席をバックに写真撮影。「お正月映画、No.1!!」のかけ声とともに、監督・キャストのみなさんの顔には満面の笑みがこぼれた。
_____________________________________
『ミッドナイト イーグル』
配給:松竹
公開:2007年11月23日
劇場情報:丸の内ピカデリー1、渋谷ピカデリー、新宿ミラノほか全国にて
公式HP:http://www.midnighteagle.jp
(C)「ミッドナイトイーグル」パートナーズ
■あらすじ
米軍ステルス型戦略爆撃機、通称“ミッドナイトイーグル”が来たアルプス山中で忽然と姿を消した。その機体には、日本全土を巻き込むほどの威力を秘めた“特殊爆弾”が搭載されていた。猛吹雪のために陸の孤島と化した雪山で繰り広げられる、男たちの壮絶な戦い。彼らは愛する者の、そのかけがえのない命を守るため、自らの人生を賭け、見えざる敵に戦いを挑む。未だかつてない危機に瀕した日本の未来はこの男たちに託された……。
_____________________________________
プロフィール
『ミッドナイト イーグル』  初日舞台挨拶大沢たかお
1968年東京都出身。94年、ドラマ「君といた夏」で俳優デビュー。その後数々のドラマや映画で活躍。『解夏』(04)では日本アカデミー賞優秀主演男優賞を獲得。さらに『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)は社会現象になるほどの記録的ヒットとなった。07年も『眉山-びざん-』、『Life 天国で君に逢えたら』など精力的に活動しており、いまや映画界にとって欠かせない存在となっている。
『ミッドナイト イーグル』  初日舞台挨拶竹内結子
1980年埼玉県出身。96年にドラマ「新・木曜の怪談CYBORG」で女優デビュー。さらに『リング』(98)で映画デビューを果たす。続く『イノセントワールド』(98)で初主演、続いてNHK連続テレビ小説「あすか」(99)のヒロインを務め、注目を集める。以後、『黄泉がえり』(03)、『天国の本屋~恋火』(04)など、数々の話題作に出演。特に『いま、会いにゆきます』(04)などの大ヒットにより、若手実力派女優としての地位を不動のものとした。07年は主演作『サイドカーに犬』、『クローズド・ノート』に出演。
『ミッドナイト イーグル』  初日舞台挨拶成島出(監督)
1961年山梨県生まれ。86年、『みどり女』でぴあフィルムフェスティバルに入選。94年に『大阪極道戦争 しのいだれ』で脚本デビュー。初の監督作品『油断大敵』(04)が高い評価を受け、第14回日本プロフェッショナル映画対象新人監督賞を受賞。その後、『フライ、ダディ、フライ』(05)を手がけ、本作が監督3作目となる。
取材・文:田辺奈緒