作品 映画館 ニュース

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 初日舞台挨拶

2007.11.05

観客の温かい拍手と「ありがとう!」に、たまらずウルウル…
日時:11月3日(土)
場所:日劇1
登壇者:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 初日舞台挨拶
05年に公開された前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は観客動員284万人、興行収入35億円の大ヒットを記録し、近年稀に見る愛される日本映画となった。その待望の続編『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が完成し、吉岡秀隆、堤真一らお馴染みの夕日町の面々が初日初回上映後の舞台挨拶に顔を揃えた。劇場後方から入場し、客席通路を通って舞台上に整列した登壇者たちは、思いがけぬスタンディングオベーションに感無量の面持ち。
実はMCが掛け声で打ち合わせた段取りだったのだが、それでも場内の盛り上がりは最高潮に達し、映画のつくり手にとって観客の拍手ほど嬉しいものはないことをあらためて感じさせる一時となった。


_____________________________________ 
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 初日舞台挨拶まずは、駄菓子屋茶川商店を営みつつ芥川賞を目指す作家・茶川竜之介を演じた吉岡秀隆さんからご挨拶
■吉岡:「本日はようこそいらっしゃってくださいました。初日の第一回目ということで、一番期待してハードルの方たちだと思うんですが、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を楽しんでいただけたんでしょうか?(場内拍手!)すみません、これがやりたかったんです。ありがとうございます。ぜひぜひこの感動をひとりだけのものにしないで、ご家族、恋人、町内会の皆様お誘い合わせの上、何度でも三丁目に遊びに来てください」
続いて茶川に思いを寄せながらも東京を離れる決意をするヒロミを演じた小雪さん
■小雪:「初日に足を運んでいただきほんとうにありがとうございました。そして拍手で迎えてくださり、私たちほんとうに感動しております。この映画を色んな方に伝えていただいて、幸せな時間を共有してもらえたらと思います」
次に、赤の他人である自分を引き取って育ててくれている茶川とずっと一緒に暮らしたいと願う古行淳之介役の須賀健太くん
■須賀:「今回の映画は面白かったでしょうか?(場内拍手!)何度も聞いてすみません。僕らが入ってきた時、皆さんが笑顔ですごくホッとしました。今回観たことは周りの人たちに伝えて、今度は映画館を貸し切るくらいの大人数で観にきていただけたらうれしいです」
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 初日舞台挨拶茶川商店のお向かいさん、鈴木オートからはまず、社長の鈴木則文を演じた堤真一さん
■堤:「鈴木オートだどーっ! ありがとうございます。こんなに緊張してワクワクして迎えた初日は初めてです。不安も多かったですが、皆さんの顔を見てホッとしました。この感動と言うか温かさで3日ぐらいは過ごせると思います。3日したらまた劇場に来ていただいて、そうすると5日ぐらいは持ちますんで、また5日後ぐらいにという感じで、どんどん観に来てください」
続いて、常に妻として夫をフォローする働き者で、優しいお母さんでもある鈴木トモエを演じた薬師丸ひろ子さん
■薬師丸:「監督や堤さんとキャンペーンで広島、福岡などを回りまして、そこでも『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が出来上がるのを待っていてくださった方たちに温かい拍手で迎えられてほんとうに幸せでした。今日からは私たちの手を離れて、この映画は皆さんに渡るんですが、1作目は父と一緒に映画館で観客として観てとっても幸せな気持ちになりました。また、私も今日から一観客となって映画館で楽しみたいと思います」
集団就職からはや一年、今では一人前に鈴木オートを支える六ちゃんこと星野六子役の堀北真希さんは
■堀北:「色々ご挨拶したいことを考えていたんですが、皆さんに温かい拍手で迎えていただいて全部忘れちゃいました。すごく今温かい気持ちになって胸がいっぱいになりました。自分が優しい気持ちになると、人に優しくなれると思うんです。皆さんが今、優しい温かい気持ちになっていただけたなら、それがここからどんどん広がっていったら素敵だなと思います」
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 初日舞台挨拶鈴木オートの一人息子・鈴木一平役の小清水一揮くんは、
■小清水:「前回と同じ出演者やスタッフの皆さんと一緒に撮影ができてとてもうれしかったです。今回はとくにベーゴマや竹馬、自転車の三角乗りとかがんばりました。くふっ(笑)。僕の知らない時代を経験できたのは、とてもいい思い出になりました。たくさんの人が夕日町三丁目に遊びに来てくれたらいいと思います」
次に、六ちゃんの幼なじみに恋の手ほどきをする、おせっかいなタバコ屋のおばちゃん・大田キンを演じたもたいまさこさん
■もたい:「この長い階段を降りてきた時、皆さんがほんとうに素敵な笑顔で迎えてくださったのが胸に詰まって、ほんとうにいい映画に参加できたことを嬉しく思います。また、うちの近所のおじちゃん、おばちゃんも、三丁目ではなく四丁目なんですけど、ほとんどの方が観ると思います。また、いっぱい肩叩かれて楽しかったと言ってくださると思います」
続いて、三丁目の子どもたちに悪魔と恐れられている開業医・宅間史郎役の三浦友和さん
■三浦:「私は個人的にこの映画のファンです。なのに出ています。こうしてお馴染みの皆さんと壇上にいることが非常に嬉しいです。でも、もうちょっと出たかったです(笑)。一平くんに悪魔と呼ばれて、そのせいで患者が来なくなって、鈴木オートでアルバイトをしているという設定にしてほしかったと思っていました(笑)。スタンディングオベーションって初めてでした。ちょっと涙が出そうになりました」
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 初日舞台挨拶
最後に、脚本・VFXも手がけた山崎貴監督から
■山崎:「おとといくらいにテレビで技術スタッフのドキュメンタリーをやっていまして、今まで自分の視点でしかどれくらい大変だったかを語れなかったんですが、その番組を見たら、ほんとうに大変なことをやってくれていて、その途端に全部のスタッフとキャストが同じ時間の中ですごい闘いをしていたんだなということにあらためて気づかされて、涙が出そうになりました。ようやく出来上がった作品を今日皆さんに観ていただいて、さっきそこを降りてくる時に、色んな方にありがとうと言われ、こっちこそありがとうという感じなんですけど、ほんとうに感動しました。それに思いがけないスタンディングオベーションをいただいて、(やや涙声で)ちょっと今、動揺しているというか、どうしていいかわからないほど幸福な時間を過ごしています。ほんとうにありがとうございました!」
客席からの温かい拍手と励ましの声に感動を隠せない面々、フォトセッションでは全員で、当時大流行した林家三平の「どうもすいません」のポーズ!
_____________________________________
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
配給:東宝
公開:2007年11月3日
劇場情報:全国東宝系にて
公式HP:http://www.always3.jp/
(c)2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会
■あらすじ
昭和34年、姿を消したヒロミを思い続ける茶川は、淳之介の父親・川渕から、人並みの暮らしをさせられないなら、その時こそ連れて帰ると引導を渡され、鈴木オートでは、則文の親戚の娘・美加を預かることに。一方、踊り子として働くヒロミには言い寄ってくる金持ちの客がいた。
_____________________________________
プロフィール
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 初日舞台挨拶吉岡秀隆
1970年8月12日生まれ。埼玉県出身。『遥かなる山の呼び声』『八月の狂詩曲』『学校』『雨あがる』『隠し剣鬼の爪』『四日間の奇跡』『博士の愛した数式』など子役時代から数多くの作品に出演している。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 初日舞台挨拶小雪
1976年12月18日生まれ。神奈川県出身。主な映画出演作に『ケイゾク/映画』『回路』『Laundry』『スパイゾルゲ』『ラストサムライ』『嗤う伊右衛門』『ゲゲゲの鬼太郎』などがある。
取材・文:齊田安起子