作品 映画館 ニュース

『やじきた道中 てれすこ』 完成披露試写会舞台挨拶

2007.11.01

“笑いあり、涙あり”の正統派国民的喜劇!さて、ナゾの生き物「てれすこ」のお味はいかに?
日時:2007年10月31日
場所:恵比寿ガーデンホール
登壇者:中村勘三郎、柄本明、小泉今日子、間寛平、笹野高史、松重豊、山本浩司、平山秀幸(監督)
『やじきた道中 てれすこ』 完成披露試写会舞台挨拶
江戸を舞台にナゾの生物“てれすこ”を巡り、“弥次喜多コンビ”と“売れっ子花魁(おいらん)”が繰り広げる心温まる珍道中を展開する『やじきた道中 てれすこ』
弥次さんを演じるのは、本作が46年ぶりの主演となる中村勘三郎。その相方、喜多さんには、個性派俳優・柄本明。そして、二人に絡む可愛さたっぷりのおきゃんな花魁に、小泉今日子。その他芸達者なキャストに支えられたこの作品は、時代が変わっても心に響く、“笑い”と“涙”、そして“人情”をたっぷりと見せてくれる。
舞台挨拶にあたり、江戸情緒あふれる籠に乗って登場したキャストたちが、芸者たちにエスコートされながらレッドカーペットを歩くという、粋な演出がされた。


────────────────────────────────────────
『やじきた道中 てれすこ』 完成披露試写会舞台挨拶作品完成にあたり、どのようなお気持ちですか?
■平山秀幸監督:「8年ほど前、下北沢のある飲み屋で、僕、勘三郎さん、柄本さんの3人で一緒に飲みながら生まれたのが、この『やじきた道中 てれすこ』です。それから長い年月が経ち、今日を迎えることができて、本当に嬉しいです」
■中村勘三郎:「監督がおっしゃったとおりで、長い年月を経て、今日ここにいることを嬉しく思います」
■柄本明:「11月10日公開です。映画館の方にもたくさんの方にきていただけるよう、皆さん宣伝をお願いします」
■小泉今日子:「ちょうど一年前ぐらいに、日本全国の江戸時代の風景としてふさわしい場所を探して、撮影をしました。私個人としては、できあがった映像をみて、『日本ってすごくきれいな国だな』と思えたんですね。それがとても嬉しく感じました。皆さまにそういうところも見ていただけたらな、と思います」
■笹野高史:「柄本さんがおっしゃったのと同じく、一言でも二言でも、『この映画はおもしろかった!』と周りの方々に宣伝していただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします」
■松重豊:「平山監督の作品は『しゃべれども しゃべれども』に続き、2作品目になりまして、非常に光栄に思います。今回の作品は本当におもしろいものになっていますので、よろしくお願いします」
■山本浩司:「この舞台に、すばらしい皆さまと一緒に立たせていただいていることが感激です。明日メディアに出る写真が僕のところで切れていないことを祈ります(笑)」
■間寛平:「題名が『やじきた道中 てれすこ』となっているんですが、どういう意味かまったく分からず撮影していました。自分の想像では“アメマ!”みたいなものかと(笑)。
僕はお笑いなので、本当は笑いをとりたかったんですが、登場で『アヘアへウヒハ』と言ったら、監督から、一字一句間違うなと厳しく言われました(笑)。しっかりと、笑いなしでがんばりましたので、皆さま是非見てください」
監督、“てれすこ”とは?
■平山監督:「見ていただいた方の気持ちの中に答えがあると言いましょうか……、いかように解釈していただいても良い、正体不明のものです」
『やじきた道中 てれすこ』 完成披露試写会舞台挨拶勘三郎さん、久しぶりの主演作ですがいかがでしたか?
■中村:「1つの作品の中で、これだけ長く映っているというのは、ほんとうに久しぶりです。昭和36年の『アッちゃんのベビーギャング』以来かもしれません」
客観的に御自身の演技はどうでしたか?
■中村:「客観的にはダメですね(笑)。映画全体としては、ま、いいんじゃないですか」
柄本さん、今回の役に関して特別な役作りはありましたか?
■柄本:「役作り自体は特に掘り下げることはなかったんですが、ただ持病の腰の状態が非常に悪かったんです。真っ直ぐに立てないほどの痛みがあり、クランクイン1日前に入院、3日後に手術をしました。術後一週間で退院し、その足で撮影に行きまして、まず“首吊り”のシーンがありました。その後、やはり体力が万全でなかったようで、熱が出続けて撮影所で倒れしまったんです。救急車で運ばれて5日間入院しました。そしてまた退院して直接撮影所に向かい、今度撮ったのが“酒乱”のシーンです。ですから、“首吊り”と“酒乱”のシーンは見どころですね(笑)」
小泉さん、個性派のお二人との現場はいかがでしたか?
■小泉:「とても楽しい現場でした。私たち3人がそのままの3人でもあり、江戸時代の3人でもある。その両方が感じられる、不思議な気分でしたね」
個人的には、どちらのタイプの男性と将来を添い遂げたいと思われますか?
■小泉:「両方とも相手にできるような、大きな女性でありたいですね(笑)」
『やじきた道中 てれすこ』 完成披露試写会舞台挨拶
本日、島根県松江より、“てれすこ”弁当を用意しました。中村さん、間さんにご賞味いただきます。こちらは都内のデパートで11月中に、1日30食限定で販売する予定です。中村さん、お味はいかがですか?
■中村:「味は、魚ですね……。映画の中で食べたものはまずかったんですよ。これははるかに美味しいです」
間さん、バクバクいってますね! ずいぶんお箸がすすんでいらっしゃいますが?
■間:「だって食べ言うたじゃないですか!!(笑)」
最後に、全国のみなさまへメッセージをお願いします。
■間:「よろしくお願いします。寛平です(笑)。がんばりましたので見てください」
■山本:「正直、僕はまだ完成したものを見ていないので、友達をたくさんつれて映画館に見にきたいと思います。皆さんもお友達と一緒に見に来てください」
『やじきた道中 てれすこ』 完成披露試写会舞台挨拶■松重:「実は僕ら(山本を指して)コンビもやっているので、こちらの方もよろしくお願いします」
■笹野:「私はNYで完成作品を見たんですが、見た後に、おいしいお茶漬けを食べたような気分になりました。わさびの効いたね。涙が出ましたよ。どうぞ、お茶漬けを楽しんで下さい」
■小泉:「出てくる人、出てくるもの、景色、すべてが愛せるような、チャーミングな映画になったと思います。是非みてください。少し疲れている人は、心が癒される映画だと思います」
■柄本:「僕は平山監督の第一作目『マリアの胃袋』に出させていただいたんですが、平(ひら)さんが大好きなんですね。現代のスピードより遅い、ゆったりした速度を、この映画で楽しんでもらえたらな、と思います。それととにかく、試写会に来たみなさんは責任として、親戚、近所など、最低一人10人ぐらいの人に吹聴していただきたいと思います。映画というのは、非常にお金がかかるものでしてね、そしてこの作品、2作目、3作目と、続編を作っていくつもりなんですけど、人が入ってくれないと会社の方が難しくなってしまいますので、どうぞ、助けると思ってよろしくお願いします(笑)!」
■中村:「私の友人で、女優の大竹しのぶっていうのがいるんですけど、電話がかかってきまして、『私もみんなと旅がしたい』と言ってくれたのが、非常に嬉しかったんです。そういう感じで、皆さんも、やじきたの僕らと一緒に旅をするような感じで映画を観ていただけたら嬉しいな、と思います。温泉につかったような気分で、お願いいたします」
■平山監督:「これだけのメンバーに出演していただいて、撮影現場はお祭りのようでした。出来上がった映画もお祭りみたいに仕上がっているので、“てれすこ”って何だろう?って眉間にしわを寄せて難しく考えるのではなく、そのお祭りにみなさんも参加していただければ、と思っています」
個性あふれるメンバーの、笑いの絶えない舞台挨拶となった。そのほっこりとした、温かな雰囲気はこの映画そのものだろう。
────────────────────────────────────────
『やじきた道中 てれすこ』
配給:松竹
公開:2007年11月10日
劇場情報:丸の内ピカデリー2、新宿ジョイシネマ、渋谷シネパレスほか全国にて
公式HP: http://www.telesco-movie.com
(C)てれすこ講中
あらすじ
品川の遊郭で久々に顔を合わせた“弥次さん”“喜多さん”の二人。ひょんなことから、病床の父に一目会いたいという売れっ子花魁・お喜乃のため、万病に効くとされるナゾの生き物“てれすこ”を求め、3人の珍道中が始まった。道中では詐欺師の浪人夫婦や、人に化ける可愛い子狸、地回りやくざなどと一悶着。絶体絶命の危機に何度も遭い、ハラハラドキドキ波乱の連続。果たして3人の行く末は……。
────────────────────────────────────────
プロフィール
『やじきた道中 てれすこ』 完成披露試写会舞台挨拶中村勘三郎
1955年東京都出身。17代目中村勘三郎の長男として、幼少より歌舞伎の世界に育つ。1959年、歌舞伎座において、5代目中村勘九郎を名乗り初舞台を踏む。以後、歌舞伎の舞台を中心として多くの観客を魅了し続け、2005年に18代目中村勘三郎を襲名した。最近の映画出演は、『顔』(00)、『この胸いっぱいの愛を』(05)、『真夜中の弥次さん喜多さん』(05)などがあるが、主演は『アッちゃんのベビーギャング』(61)以来、46年ぶりとなる。
『やじきた道中 てれすこ』 完成披露試写会舞台挨拶平山秀幸(監督)
1950年9月18日生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後、フリーの助監督としてベテランからインディペンデントまで、幅広い監督の作品に携わる。1990年に『マリアの胃袋』で監督デビュー。95年に発表した『学校の怪談』は4作を数える大ヒットシリーズとなった。その後も様々なジャンルの作品を数多く手がけているが、その作品は常に人間への豊かな好奇心と温かな眼差しにあふれている。主な作品は、『ターン』(01)、『笑う蛙』(02)、『魔界転生』(03)、『しゃべれども しゃべれども』(07)がある。
取材・文:田辺奈緒