作品 映画館 ニュース

『第20回東京国際映画祭』 審査委員長、黒澤明賞 決定!

2007.10.11

Tiff2007
第20回東京国際映画祭の審査委員長がアラン・ラッド・Jr氏に決定。また、今年の黒澤明賞は、TIFFに縁の深いデヴィッド・パットナム氏に贈られることになった。第1回東京国際映画祭の審査委員長でもあったデヴィッド・パットナム氏は「長いキャリアを振り返ってみても、第1回東京国際映画祭で審査委員長を務めたときのことは、私の生涯の中でもっともチャレンジングで楽しく、とてつもなく満足のいく経験でした」と、当時を振り返り、喜びのコメントを寄せた。


Tiff1アラン・ラッド・Jr
映画業界における最も革新的で高い評価を受ける経営幹部、プロデューサーとしてその地位を確立。オスカー・ノミネーションは150を超え、50のオスカーを獲得。1973年、20世紀FOX社長に就任、ジョージ・ルーカスを起用し『スター・ウォーズ』の脚本を執筆させる。その後、ラッド・カンパニーを設立し『炎のランナー』などを製作し成功を収めた。1985年、MGM/UAの経営に参画。会長兼最高経営責任者として『テルマ&ルイーズ』などのヒット作に携わる。そのキャリアは衰えることなく現在も精力的に活躍中。
Tiff2デヴィッド・パットナム
独立系の映画プロデューサーとして30年にわたって活躍。手がけたオスカー受賞作は『炎のランナー』『ミッドナイト・エクスプレス』など多数。コロンビア・ピクチャーズの会長兼最高責任者を務め、ハリウッドのスタジオ経営者としては唯一の非米国人となった。1982年に大英帝国勲章第三位を、また95年にはナイト爵位を授与され、97年には上院議員に任命された。フランスでは芸術文化勲章を3回授与されている。
第20回東京国際映画祭 2007年10月20日(土)~10月28日(日)
六本木ヒルズ(港区)、Bunkamura(渋谷区)にて開催!
公式HP:http://www.tiff-jp.net
(C)2007 TIFF