『ひぐらしのなく頃に』田中幸太朗 インタビュー

2008.04.28

“また入江京介を演じてみたいです!”
出席者:田中幸太朗
『ひぐらしのなく頃に』田中幸太朗 インタビュー
2002年夏、コミックマーケットにてサウンドノベルゲームとして「ひぐらしのなく頃に<鬼隠し編>」が発表された。作者は当時無名の竜騎士07/07th Expansion。ゲームもたった50枚しか売れなかったが、その壮大な世界観と謎に満ちたストーリーが口コミで熱狂的な支持を集め、一気に大ブレイク。ゲームの販売数は50万本を突破し、コミックスは累計400万部以上を売り上げ、その後怒涛のメディアミックスが展開された。“同人”の枠を超えた大ヒットシリーズの劇場映画版がここに完成。
今回はかなり裏がありそうな医師:入江京介を演じられた、田中幸太朗さんにお話を伺った。


______________________________________________________________________
完成した本作をご覧になってのご感想をお願いします。
■田中幸太朗(以降、田中):「台本以上の出来だったと思います。終始ドキドキして、漫画やゲームで強調されている竜宮レナが豹変するシーンとか「映画だとどう表現されるのだろう」と気になっていたのですが、そこも予想以上の出来で“ビクッ”としちゃいましたね(笑)」
原作は読まれたり、プレイされましたか?
■田中:「撮影前にゲームをして、撮影後に漫画を読みました」
ゲームをされての感想は?
■田中:「いわゆる“かまいたちの夜”の様なゲームだと思いました。会話とストーリー重視のゲームですよね。進めて行けば行くほど謎が解けてきて「なるほどね~」ってプレイしてました。ただ、僕の演じる入江京介はあんまり登場してきませんでした(笑)」
入江京介を演じるにあたって心がけた事はありますか?
■田中:「彼は色んな部分を持っている人だと思うんです。医者であり、野球のコーチであり、メイド好き(笑)。僕はそんな部分を全部出したかったのですが、映画では医者がメインなので、ちょっと裏がありそうな人物って事を意識して演じました」
監督から演技について要望とかありました?
■田中:「とにかく“謎”な感じを要求されました。でも、ちょっとやりすぎたかも。『ひぐらしのなく頃に』を知らない人は、「え、何?入江って人・・・」となるかもしれませんね(笑)。でも、それでいいのかなって思います。映画を観た後に「何だったんだろうね?」と語り合ってもらえればそれでいいですね」
僕も映画を観てから『ひぐらしのなく頃に』を調べました。そうやって調べないと何がどう繋がるのか分からないですよね。
■田中:「そうですね。映画版を観てから『ひぐらしのなく頃に』に興味を持つ人もいると思います。ほんと謎だらけなので知りたい欲求が出てくるはずです!ハマってくれたら幸いですね」
本作は同人ゲームがスタートで、今回実写映画化までなりましたが、原作ファンの間では「映画化して欲しくない!」との意見も多いようでした。その事についてどう思われますか?
■田中:「やっぱりそう云う意見もあると思います。僕も漫画やアニメを実写化する事に対して、不安だったり、抵抗だったり、ってのは少なからずありますしね。でもそこは暖かい目で観て貰えればと思います(笑)。ただ、映画でも何でもそうなんですが、両極端の意見があるからこそ面白いし、話が盛り上がると思います。それで僕らも報われるので!」
現場の雰囲気はどうでした?
■田中:「前田公輝くん(前原圭一 役)と同じ控え室で、ちょうど甲子園をTV放送していて一緒に盛り上がっていましたね。ウォーーー!とか、うるさいくらい叫んでいました(笑)」
本作への出演にあたって、田中さんが新たに得たものとありますか?
■田中:「謎の多い役柄ってのを今まで演じた事が無かったので、今回入江を演じさせて頂いたのはすごく貴重な経験となりました」
それでは、最後に。今後どのような役を演じてみたいですか?
■田中:「うーん、また入江京介ですかね!今度は謎がちょっとずつ解明されて行く感じで(笑)」
______________________________________________________________________
『ひぐらしのなく頃に』
配給:ファントム・フィルム
公開:2008年5月10日、
劇場:池袋シネマサンシャイン、Q-AXシネマほか全国にて公開
公式HP:http://www.higurashi-movie.com/
あらすじ
昭和58年5月。雛見沢村に引っ越してきた前原圭一は、クラスメイトの園崎魅音、竜宮レナらと友人になり、村にも馴染んでいった。しかしかつてダム建設を巡って起こった事件の噂について訊くと、誰もが頑なに拒絶を示した。やがて村は年に1度開かれる綿流しの祭りの夜を迎え、圭一はそこで「毎年綿流しの夜に殺人と行方不明事件が起こる」ことを知る。それは“オヤシロサマの祟り”として恐れられていて……。