S・ヨハンソン、レズ相手役のペネロペとの濃厚キスに快感!

2008.08.28

ウディ・アレン監督の最新作『Vicky Cristina Barcelona』でペネロペ・クルスとお色気ムンムンのキスを披露しているスカーレット・ヨハンソンが、女性とのキスのほうが気持ちよかったことを明らかにしている。といっても比較されてしまったのは、『マッチ・ポイント』のジョナサン・リース・メイヤーズ。彼とのキスも悪くなかったそうだが、ひげの濃いリースは朝ひげを剃ったにも関わらず、午後の撮影中にひげを剃らないと痛くてキスが出来なかったとか。その点、女性はひげがないので、ペネロペとのキスはスムースで気持ちよかったそうだ。しかし、同作でディープ・キスをしているかなりひげの濃いハビエル・バルデムや、『ブラック・ダリア』で共演した元彼ジョシュ・ハートネットについては何も触れていないことから、特にジョナサンとのキスがイマイチだったのかもしれない。


ウディ・アレン(Woody Allen) ジョシュ・ハートネット(Josh Hartnett) ジョナサン・リース=マイヤーズ(Jonathan Rhys-Meyers) スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson) ハビエル・バルデム(Javier Bardem) ペネロペ・クルス(Penélope Cruz)