作品 映画館 ニュース

クリスチャン・ベールがラッセル・クロウと再共演

2008.07.02

『3:10 TO YUMA』でラッセル・クロウと共演したクリスチャン・ベールが、既にクロウの出演が決まっているリドリー・スコット監督作『Nottingham』に出演することが明らかになった。ベールが演じるのはロビン・フッドだが、同作の主役はクロウが演じるノッティンガムの代官役で、シエナ・ミラーがロビンの恋人のメイド役で出演する。クロウとリドリーといえば『グラディエーター』の最強タッグだが、ベールの出演もリドリーの強い希望だそう。なお、同作の撮影は晩秋頃から行なわれ、公開は2009年11月予定。


クリスチャン・ベール(Christian Bale) ラッセル・クロウ(Russel Crowe)