ユニバーサル・スタジオの火災は、事故

2008.06.16

6月1日に起きたユニバーサル・スタジオの火災は、事故であることが明らかになった。撮影セットで作業中に使用した火が火事を招いたもので、タバコの火や放火などの事件性はなかったようだ。なお、『キング・コング』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のアトラクションのほか、フィルム・リールやビデオ4~5万本が焼失したが、他の場所にバック・アップがあったため、復活は可能だそうだ。ただ、アトラクションなどが完全に復活する日がいつになるのかは、明らかになっていない。


☆関連情報(topics)