作品 映画館 ニュース

あの大ヒットムービーのキャスティングは、ありえない選択!?

2008.05.20

<!—->ロバート・ダウニー・Jr.が、大ヒットとなったマーベル・コミックの映画版『アイアンマン』のヒーローになるために、監督に必死に食い下がっていたことが明らかになった。同コミックの映画版では、強靭な体力が要求されることやシリーズ化を考えていることから、ジョン・ファヴロー監督は40歳代のダウニーにダメ出しをしていたそうだ。それでもダウニーはあきらめずに「自分しかありえない」と説得。批評家からも大絶賛を受けると同時に、予想を上回る大ヒットを飛ばし、45歳時点でシリーズ第2弾が公開されることも決まった。
(C)Ima Kuroda / www.HollywoodNewsWire.net


ロバート・ダウニー・Jr.(Robert Downey Jr)