オホーツク網走フィルムフェスティバル

2016年11月25日(金)~11月27日(日)

エコーセンター2000

北海道

映画を“観る”“語る”“創る”を軸に、9回目の今年は、高倉健さんの三回忌を偲ぶとともに、“映画”の素晴らしさを伝えるため、「心に響く映画を永遠に・・・。」をテーマに、感動的な“映画”を厳選しました。

開催概要

名称オホーツク網走フィルムフェスティバル
開催日時2016年11月25日(金)~11月27日(日)
開催場所エコーセンター2000
チケット映画鑑賞券(3日間12作品共通券)【前売1,000円、当日1,500円】
※未就学児は無料 映画対談、映画教室の参加は無料(映画鑑賞券提示)
ジャンル邦画、洋画、ドキュメンタリー
公式HPhttp://abashiri-filmfes.com/
主催オホーツク網走フィルムフェスティバル実行委員会

上映作品

全12作品を上映します。
・高倉健主演の代表作
 『網走番外地 悪への挑戦』(石井輝男監督・1967年)
 『駅 STATION』(降旗康男監督・1981年)
・北海道でロケした『愛を積むひと』(朝原雄三監督・2015年)
 網走ロケの『冬が燃えたら』(浅沼直也監督・2016年)
・話題の新作
 『キネマ純情』(井口昇監督・2016年)
 『メイクルーム2』(森川圭監督・2016年)
・若手監督の秀作
 『狂犬』(ヤマシタマサ監督・2015年)
 『私たちのハァハァ』(松居大悟監督・2015年)
 『ヲ乃ガワ-WONOGAWA-』(山口ヒロキ・2014年)
・感動のドキュメンタリー
 『泣きながら生きて』(横山隆晴・2006年)
 『あと1センチの恋』(クリスチャン・ディッター監督・2014年)
 『劇場版 ムーミン南の海で楽しいバカンス(グザビエ・ピカルド監督・2015)

映画上映以外の見どころ

昨年に引続き“私の○○○”がテーマの短編映画を公募するほか、参加者が映画監督と短編映画を創る『映画教室』、上映作品の俳優・監督たちの『舞台挨拶』、“高倉健”“映画愛”“地域”をテーマに来場者と語る『映画対談(ぶっちゃけトーク)』、地元グルメが並ぶ『シネマ屋台』、映画ファンと監督・俳優たちとの『パーティー(交流会)』、最新映画の予告編や地域をPRする『映画プロモーション』も予定しています。
お気に入り映画館
最新映画ニュース
ピーター・ジャクソンが大絶賛!豪華フレッシュキャスト&ベテランスタッフ陣大集結!サンパウロコミコンにはピーター・ジャクソンと監督が生中継で登場!『移動都市/モータル・エンジン』LAプレミア

2018.12.10

元祖リケ女はメアリー・シェリー!?「フランケンシュタイン」誕生のきっかけとなる本編映像解禁!『メアリーの総て』

2018.12.10

映画界のヒーローと声優界のヒーローが集結!!宮野真守・小野賢章・悠木碧『スパイダーマン:スパイダーバース』声優参戦決定!!異なる次元で活躍するスパイダーマンが一同に!

2018.12.07

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
第76回ゴールデン・グローブ賞、『VICE』が最多ノミネート

2018.12.10

『101匹わんちゃん』クルエラ実写映画、80年代パンク風に?

2018.12.10

来年度のゴールデン・グローブ賞の司会が決定!

2018.12.10

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ
『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

その他5組10名様

『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP